1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

これはヤバいわ…今話題の”初夏に行きたい”おすすめ国内観光地5選♪

夏の訪れが感じられる季節になってきましたね。暑すぎず気温的にちょうど良いこの時期はアクティブに活動したくなりませんか?そんなとき行きたくなるスポットをまとめてみました。初夏のおでかけの参考にいかがですか?

更新日: 2018年05月07日

89 お気に入り 73155 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になる情報をまとめています。、お気に入りをいただけると幸いです。

tatsubo1208さん

1.ユーシン渓谷(神奈川)→現在、こちらには行けないとのこと...

新緑と紅葉のスポットとしてここのところ、SNSなどで丹沢の秘境として紹介され、注目を集めています。

「ユーシン渓谷」という珍しい名の由来は諸説ありますが、大正時代に森林管理小屋の番人をしていた小宮兵太郎が「谷深くして、水勢勇まし」と語った言葉から、湧津と名付けたとも言われています。

その美しい“ユーシンブルー”を1度見てみたいと、観光客も増えてきている「ユーシン渓谷」ですが、実はほとんど観光地化されていません!

玄倉林道の入口にはゲートが設置してあり、自転車を含む車両は通行できないので歩いて行くしかないのです。そこもまた、“秘境”という感じがして冒険心をくすぐられますよね♪

▼詳細情報

■現在、行けない理由とは…

ユーシン渓谷へ続く玄倉林道内にて、岩盤(斜面)崩落が平成30年1月に発生しました。

石崩隧道(3号隧道)から洞角隧道(6号隧道)の間は、

特に斜面崩落が頻繁に発生し非常に危険な状態であることから、

当区間は歩行者を含め通行止めとなります。

ユーシン渓谷(ユーシンブルー)へは行けませんので、ご注意ください。

▼詳しくはこちら

2.鴨川シーワールド(千葉)

それぞれに豊かな特徴や生態を持つ個体が生き生きと活動し、かけがえのない生命を営む姿は、私たち人間の想像を大きく超え、新鮮な驚きや純粋な感動さえも感じさせてくれます。

鴨川シーワールドが訪れるすべての人にお届けしたいのは、そんな生命の輝きとありのままに向きあい、心と体でふれあう歓びです。

鴨川シーワールドではディスカバリーガイダンス(動物とのふれあい体験)のほか、数々のパフォーマンスプログラムがあります。

イルカのパフォーマンスで次々とくり広げられるハイジャンプやスピンジャンプの高さと速さには、いつも新しい驚きと感激があります。

▼詳細情報

3.メタセコイア並木道(滋賀)

1 2