1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

コンテンポラリーアカペラ・ソムリエを自称する私が決める「世界一のアカペラグループ」です。

yakisobarollさん

3位:The Real Group

言わずもがなのスウェーデン・ストックホルムを拠点に活動する世界的な混成グループ。
現在はオリジナルメンバーの大半が入れ替わり、新生リアルグループという位置づけ。

ただし、歌唱力は決して現メンバーも劣っていない。むしろストレートなサウンドメイクに回帰している感じもある。

2位:Pentatonix

近年のアカペラシーンを語る上ではずせない存在。現状はオリジナルメンバーからベースのみが変更になっている。HBB(ヒューマンビートボックス)を積極的にからめた現代的なサウンド。ミックスを含めた魅せ方が強いグループ。

実力、というよりはコンテンポラリーアカペラの発展の貢献度が極めて高い点に注目。またメンバーそれぞれのビジュアル面でも人気を誇っている。日本でもライブを行うほどの人気。

番外:Broad6

国内のINSPiとRAG FAIRのコラボグループ。活動が不定期のためその実力とは裏腹に番外との表記とした。

男声6声ながら上下の音域の広さからダイナミックなコーラスワークを表現している。日本国内アカペラグループでは実力No.1と言って過言ではないだろう。

1位:The Swingles

イギリスの混成7人グループ。前身となるスウィングルシンガーズというグループがあったが、現在はメンバーや音域構成を変えている。「二期スウィングルシンガーズ」もしくは「ニュー・スウィングル」などと呼ばれる。

5分立ち止まってこのアレンジを聞けばその実力がわかるはずだ。もちろんヘッドフォンを推奨したい。

■「世界一」であるその実力
・メンバーそれぞれの卓越した歌唱力
・フレーズ毎の緩急や音の圧、音の波の付け方
・各パートのパワーバランス
・要所を押さえた聞き飽きないアレンジ

間違いなく現在活動するアカペラグループではレベルが違う域に達している。コーラス・クワイア好きな人間にはバシバシと刺さるはずだ。
もちろんHBB(パーカス)込みの曲もリリースしている。

1