男声6声ながら上下の音域の広さからダイナミックなコーラスワークを表現している。日本国内アカペラグループでは実力No.1と言って過言ではないだろう。

前へ 次へ