1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Gibsonのレスポールと並び、エレキギターの代表機種であるFenderストラトキャスター。ここでは、ストラトキャスターを愛機として使用していたギタリストを紹介していきます(若干、管理人の好みが入ります)。

tr_gtr8さん

まずはおさらい!ストラトキャスターってどんなギター?

1954年にデビューした「フェンダー・ストラトキャスター」は、フェンダー・テレキャスター、ギブソン・レスポールと並び「エレキギターの王道」といわれ、

・3つのピックアップからなる多彩なサウンドバリエーション
・ハイポジションが弾きやすい
・アーミングができる
・自分なりの調整やカスタマイズがしやすい
などの特徴がある、多機能でとても便利なギターです。60年以上の歴史があり、すべてのジャンルに対応する音作りの範囲の広さ、リプレイスメントPUのラインアップ、その他の改造用品の多さなど、多くのギタリストを今なお惹きつけて止まない魅力を放っています。

ブルース、ロック、HR/HM、ポップス、ジャズなど、様々なジャンルに対応できるサウンドバリエーションと汎用性の高さが魅力のギターです。

ストラトはクリーンでも歪みでも、きらびやかでヌケやすい音色が特徴。また大きなクセがない素直なサウンド特性からアンプやエフェクターの効果が表れやすく、多様なサウンドを出せるので、ロック〜ポップまで幅広いジャンルで使いやすい優等生と言えるでしょう。

シングルコイル特有のジャキッとした抜けの良い音が特徴。カッティングなどのリズムプレイはもちろん、ブルージーな枯れたリードに最適なサウンドです。

ストラトキャスターといえばこの人!ギタリスト紹介

それでは、ストラトキャスターを愛機として使用している(いた)ギタリストを紹介していきます。

ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)

もはや説明不要のエレキギターの神様。エレキギターの観念を根底から覆した・ギターの持つポテンシャルを最大限に引き出すことのできた人物、それがジミ・ヘンドリックスではないでしょうか。
ロック音楽のルーツを辿っていくときにジミ・ヘンドリックスにたどり着かない道はありません。また、彼のギタープレイに直接影響をうけてないにしろ、現代のギタリストのプレイは彼の延長上にあるのではないかとさえ思います。

ストラトキャスターといえばこの人。
エリッククラプトンをはじめとした同年代のギタリストから、次世代以降のギタリストにも影響を与えた伝説のギタリストです。

1967年に「ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス」名義で発表したデビュー・アルバム。
「パープルヘイズ」や「ヘイ・ジョー」など、ロックのスタンダードともいえる楽曲を収録した名盤です。

ブルースを基盤としつつも、深く歪ませたサウンドやアームを使用した攻撃的なギタープレイは、様々なギタリストに影響を与えるとともに、ギターの可能性を一気に広げたと言っても過言ではありません。

エリック・クラプトン(Eric Clapton)

世界三大ギタリストと評される内の一人、エリック・クラプトン(他二人はジェフ・ベック、ジミー・ペイジ)。"ギターの神"と評されることもあります(もちろんジミ・ヘンドリックスは別格です)。ギタリストとして、ボーカリストとして、作曲者として常に第一線で活躍し、60年代から現在に至るまで活動を続けているアーティストです

ジミヘンドリックスと同時期にデビューした、こちらも言わずもがな伝説のギタリスト。
ボーカリストとして認識されることも多いですが、「スローハンド」と言われるギタープレイで世界三大ギタリストの一人に評されています。

1971年に「デレク・アンド・ドミノス」名義で発表されたアルバム。
邦題のアルバムタイトルにもなっている「いとしのレイラ」は、ビートルズのジョージ・ハリスンの妻であったパティ・ボイドに恋をしてしまったクラプトンの思いを綴った曲として有名。

その後、結婚することとなるパティ・ボイドのために書き上げたバラード。
ストラトらしい繊細かつ優しいギターサウンドを聞ける名曲です。

ジェフ・ベック(Jeff Beck)

ジェフ・ベックは、エリック・クラプトンと共に天才ギタリストとして60年代半ばから活躍しながら、性格やギターに対する姿勢はまったく違っていた。"神様"と呼ばれながらも、常にフレンドリーで誰よりも人間的であったクラプトンに対し、ベックは性格も利己主義で自分勝手、非情だとまで言われ、どこか近寄りがたい存在であった。ギター奏法においても、かなり独創的でトリッキーなことから、後継者になるようなプレイヤーも現れず、いつしか「孤高のギタリスト」と呼ばれるようになっていた。
しかし、それにも関わらず、ギタリスト達の間で未だにカリスマ的な人気を保っているのは、やはり他の追随を許さないテクニックとセンス、並々ならぬギターへの情熱が伝わってくるからであろう。ジャンルを無視したミュージシャン達が選ぶギタリストの人気投票でも、ベックが最も活躍していた70年代には、ジャズやブルース・プレイヤー達を押さえてずっと1位に君臨していた。

エリック・クラプトン、ジミー・ペイジとともに世界三大ギタリストと評されるジェフ・ベック。
他の2人と比べ、そのギタープレイはかなり独創的であり、ブルース、ロック、ジャズをクロスオーバーさせた先駆者といえる存在でもある。

1976年にリリースされた、ジェフ・ベックの2ndソロアルバム。
前作「Blow by Blow」ではGibsonレスポールをメインで使用していたが、本作ではストラトキャスターをメインで使用。
前作以上にジャズ・フュージョン要素が強くなり、ギタープレイもよりテクニカルになっている。

ドラムのリズムとメインリフが特徴的なインスト曲。指弾きと常にアームを操作することで独特なサウンドを響かせる唯一無二のギタープレイは必見です。

リッチー・ブラックモア(Ritchie Blackmore)

リッチー・ブラックモアは、ハードロック界のスーパーギタリストでディープパープルやレインボーのギタリスト・作曲家。リッチーがロック界に与えた影響は大きく、彼の影響を受けたハードロック・ヘビーメタル系のギタリストは数多く存在しますが、中でも有名なのがイングウェイ・マルムスティーンでしょう(インタビューでもリッチーに影響を受けた事を公言しています)。

ハードロックギタリストとして、ロック史に残る数々のギターリフを世に送り出しつつ、クラシックの様式美を取り入れたギタープレイが特徴。
そのギタープレイとサウンド、ステージングは、その後のギタリスト達に大きな影響を与え、多くのフォロワーを生み出した。

1972年に行われた日本でのライブを収録したライブアルバム。
ジャケットに使われている写真は武道館でのライブのものだが、実際に使用されている音源の半分以上が大阪フェスティバルホールでのライブ。
3日分のライブ音源をほぼノーカットで収録した「ライヴ・イン・ジャパン '72完全版」も後日リリースされています。

同じ曲・メンバーであっても、同じライブは2度とないといわれたディープパープルのライブ。
何が起こるかわからないスリリングなライブパフォーマンスは、リッチー・ブラックモアの真骨頂とも言えるが、実際のギタープレイでは、フレーズごとにピックアップセレクターを切り替えるなどストラトキャスターのメリットを最大限に活かしたサウンドメイキングも聞き所です。

ウリ・ジョン・ロート(Uli John Roth)

現在は、スカイギターという自身が開発に携わった7弦・32フレット(チェロ~バイオリンの音域が出せる)のギターを使用しているが、スコーピオンズ~エレクトリック・サンの初期まではストラトキャスターをメインで使用。
ジミ・ヘンドリックスに多大な影響を受け、そこにリッチー・ブラックモア以上のクラシック要素を取り入れたギタープレイが特徴。
メロディアスなアルペジオを奏でるスウィープ奏法をはじめとした正確無比なテクニックと感情的なチョーキング・アーム奏法などが多くのギタリストに影響を与えている。
その見た目から、日本では「仙人」と呼ばれることもある。

1 2