1954年にデビューした「フェンダー・ストラトキャスター」は、フェンダー・テレキャスター、ギブソン・レスポールと並び「エレキギターの王道」といわれ、

・3つのピックアップからなる多彩なサウンドバリエーション
・ハイポジションが弾きやすい
・アーミングができる
・自分なりの調整やカスタマイズがしやすい
などの特徴がある、多機能でとても便利なギターです。60年以上の歴史があり、すべてのジャンルに対応する音作りの範囲の広さ、リプレイスメントPUのラインアップ、その他の改造用品の多さなど、多くのギタリストを今なお惹きつけて止まない魅力を放っています。

出典フェンダー・ストラトキャスターの種類と選び方【エレキギター博士】

ブルース、ロック、HR/HM、ポップス、ジャズなど、様々なジャンルに対応できるサウンドバリエーションと汎用性の高さが魅力のギターです。

前へ 次へ