1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

▼現在、5人に1人が副業をしている

インテリジェンスの調査によると、25~39歳のホワイトカラー系正社員のうち「副業をしている」割合は20.1%と、5人に1人が行っていることが分かった。

男女別にみると、男性(17.4%)より女性(27.9%)の方が副業を行っている割合が高くなっていた。

▼どんな副業をしているのか

インターネットオークションとは、インターネットを介してオークションの場を提供するサービスのこと。

商品が高値で落札されるためには、商品をできるだけ安く仕入れたり、商品をキレイに写すための物撮りを意識したりするなど、ちょっとしたコツが必要です。

せどりは最も簡単に成果を出しやすいネットビジネスといわれています。

具体的には古本や中古のCD,DVDなどを安く買って転売し利益を得る行為のことを言います。

せどりをする人をせどらーといいまして、副業として実際に何十万と利ざやを出して稼いでいる人もいらっしゃいます。

アフィリエイト(Affiliate)の言葉は、「加入する・提携する・関係する」といった意味を持っています。

アソシエイトとも呼ばれる。アフィリエイトでは、Webサイトやブログ、メールマガジンといった媒体で広告主の商品やサービスに関連した情報を掲載することで、広告収入を得る。

▼大手企業なども、副業を進める傾向が見られてきている

現在のところ、副業を禁止している会社のほうが圧倒的に多いのが現実です。ただ、ここ数年で副業NGが当たり前の風潮に変化が起こり始めています。

最近も、ロート製薬が4月から副業を容認すると公表し話題となりました。あまり知られていませんが、日産、富士通、花王など、大手企業にも以前から副業を認めている会社は少なくありません。

▼なぜ企業は副業を容認するのか?

そもそも就業規則で副業を禁止してきたことは、終身雇用が当たり前の時代、自社への忠誠心を求めて、他の企業で副業をするなどもっての外、と考える企業が圧倒的であったからです。

さらに、ただでさえ平日フルタイムで働き、夜や土日を使って別な仕事をしていては、100%の能力を本業で発揮できないと考えられていました。

▼しかし現在は社員の所得を上げることができず、副業解禁を余儀なくされている

しかし、リーマンショック後に、休業を余儀なくされたり、一切残業が無くなったりした企業において、従業員の所得が減り生活に支障を来すため、副業を解禁するところが出てきました。

「副業解禁」を容認する企業は、これ以上、給料をアップできない。退職金を増やせない。定年を迎えたら速やかに離職してもらいたい。だから、あまり会社に頼らず、自分で稼いでもいいよ、という姿勢が透けてみえます。

▼政府は、副業をすることを後押ししている

1 2