1. まとめトップ
  2. 雑学

国産プラモデルは誕生60年 往年の変遷と広がるジャンル

2018年は日本初の国産プラモデルが発売されてから60年目にあたる。実物も架空も緻密に造形するプラモデルの魅力に迫る。

更新日: 2018年08月09日

14 お気に入り 18905 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

私はプラモデルは戦艦派。

nagatorailさん

手でつくる楽しみ

どこの部品かもわからないカケラをひとつずつつなぎ合わせ、大きな一つの「模型」にする。ファンにはミリ単位の調整も醍醐味だ。

国産プラモデルは誕生60年

1958年 国産初のプラモデル、ノーチラス号を発売。

12月に発売。それまでは細々と輸入されたプラモデルが販売されていただけだった。

発売元はマルサン商店(1968年倒産)。「ノーチラス号」とは、小説「海底二万マイル」に登場する架空の舟。

2008年はこの発売から50年目に当たり、復刻プラモデル(写真)が童友社から発売された。

1960年代に広まる

1960年 5月 初のオールプラスチックモデル組立てキットとして1/800戦艦大和を発売。

タミヤから発売。

以来、戦艦大和を花形とした艦船模型が広まる。のちの1/700ウォーターラインシリーズの発売に繋がっていく。

(1960年)11月/今井科学がキャラクタープラ模型の第1号「鉄人28号」(380円)を発売。

鉄人28号がキャラクターをプラモデルで再現した商品の第一号。以来、この「キャラプラ」は宇宙戦艦ヤマトや「ガンプラ」に引き継がれていく。

1971年 4社合同の特大企画

(1971年)静岡4社(青島、田宮、長谷川、フジミ)共同開発による"ウォーターラインシリーズ"発売開始。

静岡にはプラモデル企業が多い。

4社が統一の縮尺で別々の艦船模型を発売。現在でも根強い人気があるシリーズが誕生した。

1981年には「ガンプラブーム」

テレビアニメ放送の翌年、プラモデル「1/144スケール 機動戦士ガンダム」が誕生しました。

初期のガンプラ(写真、バンダイHPより)は接着剤が必要だったが今は必要なく、この「スナップフィット」はガンプラの特徴のひとつになった。

現代は「彩色済み」「接着剤不要」

ガンプラや技MIX(写真)シリーズは接着剤不要。子どもでも簡単にプラモデルを楽しめるようになった。

「ダンボール戦機」や「妖怪ウォッチ」のプラモデル(写真)も発売された。

プラモデルの購入、組み立てを考えている方へ、プラモデルのジャンルを紹介する。

○ミニタリー

難易度★★★
スケールの小さいものなら1000円ほどで買える。スケールの大きいものほど部品が多くなり塗装やシール貼付の手間がかかるが、「技MIX」は塗装の必要がない。

○一般の乗り物

難易度★★
1500円ほどから。塗装が必要ない「プリペイントモデル」もある。

難易度★★★
1000円~
塗装済みモデルもあり。しかし本格的なものほど細心の注意が必要。完成しても脆く壊れやすい。

難易度★★
鉄道模型は塗装済み完成品が多いが、制作キットも存在する。組み立てた列車はNゲージで走らせることもできる。

1 2