1. まとめトップ

犬がウ〜ッ!と唸るのはイヌからの優しさサイン♡間違っているアルファシンドローム・リーダー論

犬が歯ぐきを出してウ〜ッと唸るのは威嚇だけじゃない。犬と人、アルファシンドローム・権勢症候群、犬のリーダー論・パックリーダー論の歴史と今、間違い・ウソ・なぜ?どうして?犬は唸るのか、上下関係・原因と対策・理由、犬はイヌ・オオカミじゃない。

更新日: 2018年05月10日

2 お気に入り 8252 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

犬が唸る・犬がウ〜と唸る・犬が歯ぐきを出して唸る・なぜ?どうして?

花が好きさん

▼アルファシンドローム(権勢症候群)は古い考え方の一つ

近年行われた、犬の生態研究の結果では、犬は群れの中で順位はつけないと言われています。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180507-90744111-wanhonpo

犬に関する古い考え方①:外飼い
犬に関する古い考え方②:マズルコントロール
犬に関する古い考え方③:ケージに長時間入れる
犬に関する古い考え方④:アルファシンドローム(権威症候群)

アルファシンドロームとは、犬が、家族の中で自分が1番偉く、リーダーだと勘違いしている状態のことを指します。自分以外の家族は下の順位で、自分の言うことを聞かなければ攻撃する・・・というようなことが言われていた時代がありました。しかし、これは間違っているそうで、近年行われた、犬の生態研究の結果では、犬は群れの中で順位はつけないと言われています。
ですので、犬が飼い主さんの言うことを聞かないというこは単なる「ワガママ」であると言えます。しかし、このワガママは犬のキモチを考えずにこちらの思い通りにしようとするから発生するものが多く、犬のキモチを尊重したタイミングで犬に対してこちらの要望を伝えれば、すんなり聞いてくれます。愛犬のワガママでお困りの方は、ぜひ試してみてくださいね。

▼1980年代のアルファシンドローム(権勢症候群)

そもそものきっかけは、犬の祖先であるオオカミの生態/群れ生活の様態からヒントを得て、80年代に“リーダーシップ理論”がアメリカで流行り、それに基づく“しつけ”の考え方が日本に持ち込まれたことにあります。

▼1900年代のアルファシンドローム(権勢症候群)

日本警察犬協会のホームページには、権勢症候群とは、一歳前後から始まる犬の問題行動の一つであり、病名ではなく、症状のことを指す言葉だとあります。

犬の言うことを聞かない飼い主には、威嚇というテクニックを用い、ウーッとうなり声をあげます

http://www.policedog.or.jp/chishiki/tokusyu04.htm
それでも怯まない相手には歯を見せ威嚇し続け、それでも服従しない相手には、攻撃してでも統括しようとします。飼い主さんの中には、自分の犬に何かしようとして威嚇され、うなり声を出されたときに、「犬が嫌がってるからよそう」とか、「犬の嫌いなことはしないように」とかで、その場を見逃してしまいます。そうすることが犬にしてみれば、飼い主をうまくしつけたんだ、ということになり、犬自身が優位的立場に立ったと錯覚し、飼い主に対し犬が保護者的な意識を持つようになり、飼い主に接近する人や、犬を、追い払おうとして吠えついたり、攻撃的な行動に出たりするのです。
【掲載は1999年(社)日本動物愛護協会の発行誌「動物たち」からを承認を得て掲載したものです】

犬はリーダーシップを発揮して、群れの統制をとるために飼い主を服従させようとするのです。

犬が家庭内を仕切り、ボスとして君臨するようになると、様々な問題行動の発生となり、このような状態を権勢症候群といいます。

2000年前後からアルファシンドローム(権勢症候群)に対する考え方が変わってきました。

▼2000年代のアルファシンドローム(権勢症候群)

本来の意味での、アルファシンドロームは、現在の犬の行動学上からは過ちだとする意見が大方である

犬を知る人ならば、以前からアルファ説は間違いであることを知っています。 そして近年になってようやく「権勢症候群など存在しない」という事実が公けにされてきたのは良いことです。

▼2010年代のアルファシンドローム(権勢症候群)

http://buntabucho.blog54.fc2.com/blog-entry-500.html
海外の多くの行動学者やドッグトレーナーなどの間ではパックリーダー論はもう古いという風潮になってきています。
私が読んだ本だけでも、パトリシア・マコンネル博士、ジェイムス・サーペル博士、テンプル・グランディン博士、ジーン・ドナルドソン、スタンレー・コレン博士、チューリッド・ルガース、などがその考えに否定的で、そしてムツゴロウさんも「人間は犬のボスになどなれない」と断言されています。

なぜパックリーダー論が否定されているかというと、
①犬と狼は違う生き物である
②犬は人間を同種として見ていない
③そもそも野生の狼にも群れもアルファもない

犬が自分をリーダーだと勘違いし、問題行動を引き起こすという「権勢症候群 (アルファシンドローム)」という考えも否定している専門家がたくさんいます。

アルファシンドロームはすでに否定されている
犬が人のリーダーになったと勘違いしている、などという考えは非常にナンセンスです。

すぐ唸って咬む犬は、「リーダーになった」のではなく、ただ単に「わがままなだけ」なのです。

唸るには理由がある!犬は気に入らないからといって唸っているわけではありません。

『唸る』と一言でいっても、愛犬の感情は様々です。

唸る=威嚇!唸る=悪いことではなく 唸るのは意思表示です

1 2