1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

InnocentBlueさん

・野菜まとめ

栄養価は、最初の収穫が一番じゃないでしょうか。でも、わたしも3回まで栽培しました。三回目はちょっと細っこい茎で、根っこのマメ(エンドウ)もシナシナとして…それで終わりました

「豆苗」は1度買って、2回食べられるエコ野菜
水につけておくと再生する、として認知を広めつつある「豆苗」。パッケージの裏にも書いてあるので実践している方が多いようです。

リーフレタスとは結球しない
レタスの仲間で、育てやすく
葉色や葉の形も豊富にあり
食べておいしい見てたのしい
野菜です。

00円均一で「根」が売られていたので、それを育てました。
それでも非常に立派に育ち、7年経った昨年の初夏も沢山収穫出来ました。
その点では非常にコストパフォーマンスの良い野菜とも言えますね。
とにかく、アスパラガスの魅力は、
ズボラな人でも一度植えれば約10年収穫が可能な事です!

●万能ネギは、小さいプランターに土を入れたものに植えて何度も再生
●ニラやその他いろんな野菜で試せる
●観葉植物かわりのグリーンにもなる
●土を購入するときは製造地を確認する。

榾木を使って自然に近い状態で作る方法と、おがくずと栄養素を固めたブロック状のものにシイタケの菌を植え付けた「菌床(きんしょう)栽培」がありました。

おがくずと栄養素を高温で蒸しあげて、まだホカホカの状態のままシイタケの菌を植え付けて袋に詰め込んでおくと、シイタケの菌が全体に回った、シイタケのブロックが出来上がります。

豆苗は「もやし」のようにヒョロヒョロしていますし、緑色の葉っぱの部分が小さいので栄養価が高くなさそうな印象を感じた方も多いのではないでしょうか?



ですが、主要な栄養素の多くで「ほうれん草」を上回り、たくましいほどの栄養価を持っています

宮田家のお助け野菜として長く栽培されているニラ。「冬越しした株は、1本ずつ根をバラし、5本1束としてまた植え直せば何度でも収穫可能。植えなきゃソン、ですよ」

冬になれば寒さで枯れたように見えるかもしれませんが、
よほどの寒さでない限り、「ロゼット」という、タンポポみたいに茎が伸びないで、葉っぱが地面に広がった形で越冬します。
これを何年も繰り返しますので、イチゴは多年生です。

前年に収穫したニンニクの幾つかを種ニンニクとして用います。

ニンニクの収穫は翌年の春ころになりますので、結構生育期間が長いです。

1個の種ニンニクからは5~10個くらいのニンニクが新たにできます。

前述のとおり前年収穫の種ニンニクを利用可能なので、コストパフォーマンスはいいし、育てやすいのでいいのではないでしょうか。

豆苗は葉と茎を食べ終わったあと、根を水に浸しておくと、
新しい芽が伸びて7日から10日で再収穫できます。
おトク感があって、手軽なキッチン菜園として楽しめるうえに、
子どもの食育にもよいと好評です。
再生栽培のコツについて、検証してみました!

いかがでしたか?何株か買っておいて、「収穫」「栽培」を上手くずらせば、いつでも豆苗を食べれますよ。
手間がかからないので、ベランダで家庭菜園をするよりもトライしやすいです。美味しくて安い、そして再生可能な豆苗、とってもおすすめですよ!

これだけ生命力の強い植物だけあって、栄養素も豊富です。

抗酸化作用がある、ビタミンCはほうれん草の2.1倍、カロテンは小松菜の1.5倍あります。また、食物繊維はジャガイモの2.4倍もあります。

他にも、代謝を促すビタミンBや、骨の形成に役立つビタミンKが含まれており、野菜の中でも飛び抜けて栄養素の高い野菜と言えるでしょう。

明日葉の茎などから染み出す黄色の粘液にカルコンという成分が含まれ、高血圧や癌等々、成人病にも効能があると言われていま

1