1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

知らず知らずのうちに、他人に嫌な顔をされていると考えたら嫌ですよね。本記事では、衣類や帽子のエチケット・マナーを5つ厳選しました。

keita-wadaさん

帽子をレストランなどでかぶるとマナー違反か?

室内で帽子をかぶることはマナー違反でないと認識されることも多くなってきましたが、基本は帽子を脱いだほうがベターです。高級なホテルのレストランでの食事、格式ある場所、目上の人と過ごす場合などは、やはり帽子はかぶったままより、脱いだほうがベターです。冠婚葬祭で、ツバのある帽子などはやはりマナー違反に見られることも多いのでクロークで預けるほうがよいでしょう。

レストランでは、脱ぎますが、ジャンキーなお店に行くときは、被ったままな人が多いかもしれませんね。

葬儀・告別式の服装・マナー

葬儀・告別式に参列の場合は、その場にふさわしい服装として、基本的にブラックフォーマルを着用します。 上記[通夜]の内容に準じて、控えめな服装を心がけましょう。

女性
紺・グレーなどの地味な色の
スーツ、ワンピース
黒無地のブラウス・スカートでも可。
ストッキングは黒または肌色。

結婚式の服装マナー

白い靴下は好ましくありません。ミドルの黒ソックスが基本です。

ブーツはカジュアルなものとされています。フォーマルな服装がマナーです。

黒いシャツは暗いイメージになります。お祝いの場に相応しくない服装は控えましょう。

白やピンクなどの明るい色のスーツなど、新郎に被る可能性のある服装は控えましょう。

面接や、説明会で「私服で!」と言われた時の服装マナー

ジャケット…ネイビーのブレザーや、コットンのジャケットなどがおすすめ。
シャツ…ノータイでもかっこよく着られる、ボタンダウンや襟が高いものを。色も清潔感があるものであれば、白以外でも可。柄もストライプやチェックにしてみると雰囲気が変わる。
ネクタイ… 着用する場合は、ニットタイなどカジュアル感のあるものがおすすめ。
靴…スリッポンなど紐靴でないものでも可。スニーカーなど、カジュアルすぎるものは避けよう。

これは本当に困る!企業側も、こういうのやめて欲しい

ビジネスシーン、スーツのマナー

ジャケットの一番下のボタンは留めません。つまり、3つボタンのジャケットは上から2つを留め、2つボタンのジャケットと、段返り3つボタンジャケット(一番上のボタンが襟の裏に隠れているタイプ)は上の1つだけを留めます。

汚れる心配がない室内では、フラップをポケットの中にしまうのがマナーです。 また屋外であっても、パーティーなどのフォーマルな場面ではフラップをしまいます。

ビジネスに黒スーツは基本的にNGです。
派手な服装が好まれないビジネスにおいて、本当にかしこまった色は濃いネイビーかグレーの無地かストライプです。

社外の人に会う際は、ジャケットを用意しておきましょう。クールビズが一般的になりつつあるものの、ビジネスでのフォーマルは今でも長袖シャツにジャケットです。

スーツの下に半袖シャツはNGです。 ジャケットを着てネクタイを締めれば中は半袖でも大丈夫、とはいきません。

結論は、ケースバイケース!

帽子を被ったままでいる、という事を単にマナー云々だけで判断しない方がいいのではないかと思います。年配者であろうが若年者であろうが、病気や怪我によって帽子を被っていないと過ごせなくなるケースが多いのです。髪が生え揃うまでの期間や、場合によっては生えない時に、この”マナーが”という観点からの判断だけでは現実に生活が出来なくなります。マナーを優先させるのみの判断をされる方は、室内だからと帽子を取ったときに、その人が髪がまだらに生えていたとして奇異の目で見ないと断言できるのでしょうか。飲食店で背後から聞こえるヒソヒソ話や、帽子を取った瞬間の一瞬の独特の沈黙。それを考えるとマナーだけで感情的に話す事柄ではないように感じます。いろいろな意見を参考にし、自分で判断することが正しいマナーなのかもしれません。

考える力というものが大事ですね。

1