1. まとめトップ

ママにおすすめの葉酸サプリの効果と選び方☆

TVや雑誌などにも取り上げられている"葉酸サプリ"の効果と、実際に購入する際の選び方のポイントをまとめました。

更新日: 2018年05月08日

0 お気に入り 313 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

胎児の先天性障害のリスクを低くする

葉酸は核酸とタンパク質の合成にはたらく酵素を助ける栄養で、簡単に言うと細胞の生成にはたらきかけるということになります。

受胎してから28日間、妊娠超初期において細胞分裂が活発な赤ちゃんには、この葉酸の効果がとても重要。

この時期に葉酸が欠乏している状態だと、妊娠超初期に形成される赤ちゃんの神経が不十分に発達することで起きる「神経管閉鎖障害」を招く可能性があるのです。

妊活にも効果的

葉酸サプリを飲むことによって、精子の質を向上させる効果があり受精しやすくする効果があります。
また、胎児に起こる神経管閉鎖障害の原因は男性の精子の葉酸不足が関わってくるとされているので、葉酸サプリは是非男性にもとって欲しい栄養素なのです!

お母さんの貧血予防

赤ちゃんに栄養を送るのに血液は重要な役割もっているため、栄養がうまく採れないと貧血になってしまうお母さんも少なくありません。

貧血には鉄分の摂取が定番ですが、実は葉酸は造血ビタミンとも呼ばれており、貧血予防におすすめの栄養素なんです。

美肌の効果

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに優先的に栄養分が送られることによってお母さんは栄養不足になりがちです。またホルモンバランスも大きく変化したり、妊娠中のストレスをかかえることも多くなってしまいニキビや肌荒れの原因につながってしまいます。

もともと、葉酸は妊娠初期に活発に行われる赤ちゃんの細胞分裂をサポートする効果があるといわれています。
この細胞分裂は赤ちゃんに限ったことではなく、肌の細胞の再生にも働くため、美肌にも効果的なのです。

葉酸サプリには、ビタミンEが入っているものがあります。
ビタミンEは、血行の促進とホルモンバランスを調整する働きがあるので、美肌には効果が期待できる栄養素です。

産後うつ予防

葉酸サプリには「産後うつ」といった産後の心をケアするのにも効果的です。
そもそも、産後うつは自律神経の乱れからきている症状で、葉酸には脳の神経伝達物質に関わる栄養素で、イライラや不安感を緩和する効果があります。

いつからいつまで飲むの?

葉酸サプリの摂取時期で一番理想なのは、妊娠の1ヶ月以上前〜妊娠3ヶ月と言われています。

厚生労働省では、妊娠3ヶ月以降も葉酸を多く摂取することをおすすめしています。妊娠3ヶ月以降も葉酸サプリには、赤ちゃんの成長をサポートする効果があると言われているからです。
また、葉酸は血液の材料にもなるため、貧血予防になるとされています。

葉酸は母乳作りをサポートする成分で、赤ちゃんに健康な母乳を送るためにも欠かせない栄養素です。

葉酸サプリの摂取量

副作用はあるの?

オーストラリアの研究機関では、妊娠後期に1日1000㎍以上の葉酸摂取をしていた母親の子のうち、およそ11.6%~11.8%の子が小児喘息を発症しているというデータがあります。

この研究では、葉酸を積極的に摂取していない母親の子よりも、1.26倍も喘息発症リスクが高いことがわかっています。

葉酸サプリの限度量の1000μgを超える葉酸を取りすぎてしまうと、様々な副作用が引き起こります。
起こりうる症状は、発熱・蕁麻疹・食欲不振・吐き気・むくみ・不眠症などがあります。

市販の葉酸サプリには注意が必要

1 2 3