1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー
17 お気に入り 41542 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tyanndaiさん

百田尚樹氏の小説

タイトルの“フォルトゥナ”とは運命の女神のことで、その瞳を持った者には「死を目前にした人間が透けて見える」という力が宿るとされる

映画『フォルトゥナの瞳』“死の運命”が見える男のラブストーリー、神木隆之介×有村架純が初の恋人役に - fashion-press.net/news/39510 pic.twitter.com/dfcuyDxEL7

20年以上のキャリアを持ちながら、本格ラブストーリーに初挑戦する神木は「とても緊張しています」と心境を告白

「死が近い人が透けて見える能力」を持つ木山慎一郎(神木)は、偶然入った携帯ショップで会った桐生葵(有村)に出会い恋人同士となるが、ある日葵の身体が透け始めてしまう

西炯子氏による漫画

結婚して44年の夫・勝と飼い猫・チビと暮らしている有喜子が、長年抱えてきた不安から離婚を決意する中で、心の拠り所だったチビが姿を消してしまう、というあらすじ

西炯子「お父さん、チビがいなくなりました」映画化、倍賞千恵子と藤竜也が夫婦役(コメントあり) #倍賞千恵子 #藤竜也 #市川実日子 natalie.mu/eiga/news/2799… pic.twitter.com/CaTHCfCpyE

映画では、長年寂しさを抱えてきた妻・有喜子役を倍賞千恵子、亭主関白な夫・勝役を藤竜也、そんな2人の娘・菜穂子役を市川実日子が演じる

「短い作品ですが、読み返しても自分でもぐっとくるお話です。倍賞さん、藤さんで観られるなんて、ますますぐっときます」

土橋章宏氏の時代小説

生涯に7度もの国替えを命じられた実在の大名・松平直矩をモデルに、参勤交代を上回る莫大な費用がかかる引っ越しを、知恵と工夫で乗り切ろうとする姫路藩の藩士たちを描いた作品

1 2