1. まとめトップ

成功の秘訣!「ショートスリーパー」になりたい!

ショートスリーパーとは、その名の通り睡眠時間が一般人よりも短い人のことだ。成人の一般的な睡眠時間は7時間程度だが、ショートスリーパーは3時間や4時間前後の睡眠でも健康的に生活をおくることができる。

更新日: 2018年09月14日

4 お気に入り 1365 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◇ショートスリーパーとは何か

ショートスリーパーとは、その名の通り睡眠時間が一般人よりも短い人のことだ。

成人の一般的な睡眠時間は7時間程度だが、ショートスリーパーは3時間や4時間前後の睡眠でも健康的に生活をおくることができる。

社会的な成功者の中には、ショートスリーパーの人が多い。睡魔に悩まされず活発に行動できる時間が増えれば、それだけ成功できるチャンスは増加するからだ。

仕事中や勉学中に襲い来る眠気に悩む人は多いので、現代人にとっては非常に羨ましい能力と言えるだろう。

睡眠体質は、6時間未満の睡眠でも大丈夫なショートスリーパー、6〜9時間の間で流動的に眠れるバリュアブルスリーパー、9時間以上の睡眠が必要なロングスリーパーの3種類にわかれる。

◇ショートスリーパーのしくみ

睡眠中は、浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠が交互に訪れる。脳の疲れは、深い眠りにあたるノンレム睡眠時に徐々に解消するとされているが、ショートスリーパーの人はノンレム睡眠の時間が一般の人より長いという特徴がある。

そのため、少ない睡眠時間でも十分な休息をとることができ、快適に起床できるというわけだ。

いわゆるぐっすり寝ている状態で、多少の物音がしたり、軽くゆさぶられても目が覚めることはない。

もしノンレム睡眠の最中に強制的に起こされると、人体はすぐさま活動を開始することができない。

◇ショートスリーパーの著名人

1日の睡眠時間は2~3時間程度。東京大学理科II類に現役で合格する頭脳の持ち主。動物研究家やプロ雀士など多彩な活動を続けている。

徹夜を厭わない性格から、徹夜麻雀が非常に得意であり、ムツゴロウ王国では誰かがぶっ倒れるまで麻雀を打つことがしばしばあった。

出典grapee.jp

1970年代後半から現在まで芸能界の第一線で活躍を続けている。タモリ・ビートたけしと並ぶ、国民的お笑いスターの1人。

1日の睡眠時間は2~3時間。
普段から面白いことを考えているせいで、テンションが高いため、あまり眠気が起きないのだとか。

笑福亭松之助に弟子入りした当初の芸名は「笑福亭さんま」であった。「さんま」という芸名は、奈良のさんまの実家が水産加工業を営んでいたことから命名された。

元落語家で、30年近くラジオパーソナリティーを続けているタレント。時おり昼寝をする程度で、1日の睡眠時間は約3~4時間ほど。

クイズ番組においては雑学の知識量を武器に戦うが、通っていた高校は中退している。英語の入試はマークシートを全部同じ欄を塗りつぶし、4点だった。

母から、小学生の時、『あんたは蛇みたいな目をした子だよ』、『腐れ毒外道』などと言われた事を非常に恨んでおり、独立して以来、一度も母親には会っていない。

世界的に有名な発明王&起業家。蓄音器、白熱電球、活動写真など、生み出した発明品や技術は約1,300にも上ると言われている。

複数回に分けて30分程度の仮眠を繰り返し、1日の睡眠時間は、合計で3時間ほど。活動中はほぼ仕事に没頭していたというから驚き。

彼は後年、「私の若い頃には、1日8時間労働などというものはなかった。私が仕事を1日8時間に限っていたら、成功はおぼつかなかったはずだ」と語っている。

◇ショートスリーパーのメリット

睡眠時間が短いという事は、起床中に活動できる時間が長く、一般の人よりも生産性が高いというメリットがあります。

睡眠不足に伴う体調不良や集中力の低下とも無縁になるので、勉学や仕事に打ち込むことができるようになるでしょう。

ショートスリーパーの人には、行動力があり、外交的、野心家の性格の人が多いというとくちょうもあります。

◇ショートスリーパーになりたい人へ

ショートスリーパーは遺伝子による影響が大きく、
後天的に身につけられるものではないと言われています。

そのため、無理に矯正して睡眠時間を短くしようとすると身体に負担をかけてしまい、病気や体調不良の原因になりかねません。

睡眠時間を矯正するよりも、睡眠環境や寝具、生活習慣などを見直し、睡眠の質を向上させることを目指しましょう。

自分に最適な睡眠時間で、快適に眠れるように配慮するほうが、身体への負担も軽くなります。

「たとえば、毎晩7時間半眠っている人が5時間しか眠らなかった場合、翌日の作業能力は15%ダウンし、ひと晩徹夜すると60%にまで低下すると言われています」

たしかに睡眠時間が減れば、それだけ自分のやりたいことに割ける時間は増える。だが、それによる能率の低下を考えると、自分に合わない睡眠を続けるのは得策ではない。

1