1. まとめトップ

【美肌】ニキビができたら試して欲しい3つのこと。〖ニキビ予防にもなります。〗

ニキビに悩んでる人は結構いると思い、少しでもお手伝いできればと思います。ニキビ予防、ニキビ解消だけでなく美肌効果も期待できると思いますので、ぜひ参考にしてください。

更新日: 2018年05月10日

3 お気に入り 11176 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ニキビについて調べたところ、ニキビ予防には肌への刺激をできるだけ減らすことだと思い至り、まとめました。

takatukiさん

そもそもニキビって何?

そもそもニキビは、毛穴に皮脂がつまりアクネ菌が増殖し、毛穴の中で炎症を起こしてしまう病気です。

アクネ菌って何?

ニキビを引き起こすアクネ菌は、普段は悪いことはしません。ただ空気のない状態だと増える性質があります。だから毛穴に皮脂がつまって密閉された状態になると、アクネ菌が毛穴のなかでどんどん増殖し、炎症のもとになる成分をつくります。そうしてニキビができるのです。

どうして毛穴がつまるの?

角栓ができる原因は、毛穴部分の肌が傷んでターンオーバーが昂進していることです。

角栓って何?

ターンオーバーって何?

ターンオーバーとは、ずばり「お肌の新陳代謝」のこと、つまり、お肌(皮膚)が新しく生まれ変わることです。

ターンオーバーが昂進したら、どうして角栓になるの?

肌は何かしらのダメージを受けると、ダメージを修復するために代謝が活発化します。肌のターンオーバー(細胞の入れ替わり)のテンポが早くなるのです。

毛穴部分の肌で剥がれた角質が毛穴に溜まり、皮脂と混ざり合ってダマになるのです。

何かしらのダメージって何?

髪の毛やすすぎ残したシャンプー等による刺激

髪の生え際は、洗顔料やシャンプーのすすぎ残しが原因でニキビが発生します。 髪の毛先で皮膚が刺激されてニキビができることもあります。

毛先が額や頬を刺激することが原因となってニキビができてしまうケースもあります。

女性にとって悩ましいのが化粧品による肌への刺激です。肌が敏感な時期には化粧そのものを控えたいところですが、そうもいかない人も多いと思います。

ニキビを誘発する刺激の一つに圧迫刺激があります。
頬杖のように頻繁に同じ個所を圧迫するとそこにニキビができやすくなるんです。

結局どうすれば良いの?

1 2