1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

歯医者さんは虫歯になってからより「予防」で行くのが正解みたい

現在、歯医者さんといえば虫歯の治療で行くのがメインとなっていますが、これからは「予防」で行くのが増えていくようです。

更新日: 2018年05月10日

63 お気に入り 29531 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■歯医者さん

日本全国に約6万9000カ所。何の数字かといえば、これは歯医者(歯科医院)の数だ。何とコンビニエンスストアの1.3倍にも上る

歯科(しか)とは、歯または歯に関連した組織に関する疾患を扱う診療科である。歯科処置の大半は人体に侵襲を伴う外科行為である

虫歯や歯周病の治療、歯の矯正、親知らずの抜歯など、口腔内にかかわる何らかの悩みを解決してくれる存在

下の子歯医者に行ってきました。虫歯治療です。 通ってる歯医者の先生はみんなかっこいいのでドキドキです♥私の担当の先生はイイ香りが。。。

なんか虫歯っぽいもの見つけちゃっただから明日歯医者に行こう‍♀️

やったー\(^o^)/今日で虫歯治し終わったー! 歯医者怖すぎて毎回、死にたい気持ちwなんだけどw 解放されたー(;ω;)

いつのまにか出来てた虫歯が痛い 歯医者また通ったがええんかな...

■しかし、実際には予防で行くのが正解みたい

虫歯になってから歯医者に行くのは間違い。日本人の約8割が1日2回以上歯磨きをしているのにもかかわらず、虫歯になるのはなぜか。それは、歯医者の利用の仕方が根本的に間違っているから

生涯医療費全体でみると、日本人の平均って、2600万円超えコースなんです。このお金は、だいたい50代から使われると言われています。でも、保険適用でできる程度の歯のチェックとクリーニングを定期的に受けている人は、平均1000万円ぐらいに抑えられる

歯は全身の健康状態に影響するということを示唆しています。

虫歯や歯周病は、口の中の細菌が悪さをする病気ということを今までお話しをしてきましたが、その歯周病菌が身体のあちこちで悪さをする

最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっている

歯周病菌は心臓や血管内で血栓を作り易くし、心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなります。日本人の死因の第2位は心疾患、第3位は脳血管疾患です

■虫歯予防に力を入れている歯科医院があり人気だという

日本では、虫歯にならないための予防に1時間1.5万円と高額な”治療しない歯医者”に人々が殺到している。

東京・汐留にある日吉歯科診療所では、虫歯予防の啓蒙に力を入れている。言わば"治療しない歯科医"のこの診療所には患者が殺到

市立西丸子小学校(伊東芳男校長)の児童の永久歯の虫歯が10年前と比べ9割減になった。

2008年から行われている取組みの成果で、同小の協力で歯科校医が健診の充実と予防指導で児童の意識を高め、学校、家庭を巻き込んだことが奏功した

■歯医者は虫歯じゃなくても行くことができる

医療機関の中で、唯一病気になっていなくても行けるのが歯科医院なんです。私は、歯科医院は「自分が健康かどうかを確認する場所でなければいけない」

1 2