1. まとめトップ

優しい人ほど苦しんでいる…【人間関係の悩みを解消するヒント】

あなたは、人間関係で悩んでいる自分のことをダメな人間、弱い人間だと思っていませんか?人間関係がうまくいかない…苦しいと悩むあなたに伝えたい。

更新日: 2018年11月01日

28 お気に入り 12322 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

あなたは、人間関係で悩んでいる自分のことをダメな人間、弱い人間だと思っていませんか?人間関係がうまくいかない…苦しいと悩むあなたに伝えたい。

kapipandaさん

人間関係で苦しんでいるのは、あなたが「優しい人」だから

あなたが人間関係で苦しんでいるのは、
あなたが優しい人だからです。

優しい人は自分勝手な生き方ができないからです。

自分さえ良ければいい、
他人なんかどうでもいい、
冷たい人は、
人間関係で苦しみません。

実は、疲れやすい人にはある共通点があります。

それは優しさです。あなたが優しさを持ちすぎているなら、

人からどう思われているか非常に気になる ・いつも他人の「言葉の裏」を探っては落ち込んでしまったりしているはずです。

人間関係で悩む人の多くは、優しすぎる人が多いのが現状です。

もっとわがままに自己中心的になれたらどんなにラクか…

いつもそんな葛藤をしながら自身の性格と向き合っている人は多いと思います。

でも、あなたの長所でもあるということです。

あなたが人間関係に悩むのは、周りの人たちに「愛」があるから

あなたが人間関係で苦しい思いをするのは、
あなたが周りにいる人たちのことを
大切な存在だと思っているからです。

職場の人間関係に悩んでしまうのは、
職場の仲間を大切にしているからです。

学校の人間関係に悩んでしまうのは、
学校の友達を大切にしているからです。

恋人との関係に悩んでしまうのは、
恋人のことをかけがえのない人だと思っているからです。

家族のことで悩むのは、
家族を大切にしているからです。

「愛の反対は憎しみではない。愛の反対は無関心だ。」

あなたが人間関係で悩むのは、
周りにいる人たちに関心があるからなのです。
他人に関心があるから、
つまり愛があるからこそ、
皮肉なことに人間関係で悩んでしまうのです。

愛の反対は無関心…本当にその通りですね。

無関心な人は悩んだり苦しんだりしません。

あなたは周りの人に気を配れる優秀な人です。

周りの人の幸せを考えるからこそ、無関心な人を許せなくなり、

無関心な人の行動があなたを大きく傷つけるのです。

あなたの人間関係の悩みが絶えないのは、「感受性」が人より優れているから

人間関係の悩みが続く人へ・自分の優れた部分を、事実として「優れている」と知ること。
 
自分の持つ「善き世界」を肯定することで、
みえる世界が大きく変わります。
自分の感受性が「優れている」と知ることで世界が変わる。

感受性が強い人は、自分を取り巻く環境や周囲の変化に刺激を受けやすく、色々なことを敏感に感じ取ってしまう特徴があります。

感受性が強い人が周囲の人よりも強くストレスを感じてしまうというのは事実であり、それによって気分が落ちてしまったり生き辛さを感じたりする。

他の人のストレスも感じてしまうので、ダメージを受けやすい

人間関係の悩みを抱える人のほとんどが感受性の強い人が多いのではないでしょうか?

人の気持ちを察するのが得意で空気を読んでしまう…。

それゆえに他人の痛みや細かい気持ちの変化に敏感ですぐに感情移入してしまうため、

大きなダメージを受けるんですね。

【 人間関係に疲れやすい人の性格や特徴とは 】

▇ 気を遣いすぎてしまう

気を使える人は、常に周りの空気を読み、周りに笑顔で接し、頼まれたことは快く引き受ける。こういう対応が出来る人はきっと周りからの信頼も厚いですし、皆から好かれます。

これはこれで素晴らしいことですが、気がつくとグッタリと疲れて自分のことが疎かになったり、出来なかったりする。「周りの人の反応をみながら自分の行動を決めている」ということです。

ありとあらゆる人に気を遣う。

主成分は「自分が嫌われたくない」だったと思います。

だから相手の望む言動を探る。ひたすらに。
それでも、相手が望まない反応をしてしまった際には「やってしまった。」と自己嫌悪。

▇ 「NO」と言えない。断れない

相手の気持ちを尊重しすぎて、断れない人。

もし、これを手伝わなかったらどういう気持ちになるんだろうと、他人の気持ちばかりを優先してしまいます。
いわゆる、お人好しといってもよろしいかと。
義理や人情などに厚く、頼まれたら喜んでしまいます。相手のためだと思い無理に意気込んでしまわれがちです

人にNOと言えない依存性の人は、他人に頼らないと生きていけないので、相手から嫌われたり、見放されたりしないように、反射的に自分の気持ちを抑えて、相手の要求に逆らわず、合わせてしまうのはそのためです。

▇ 優しさから自分の意見を率直に言えない

自分が言いたいことを言ったら相手を傷つけてしまうんじゃないだろうか。
そんな優しさを持った人です。
空気を読みすぎていると言ってもいいかもしれません。
人の自尊心を傷つけてしまうと考えて自分の言いたいことは我慢しているのだ。

他人のために自分を犠牲にしがちな人に多いようです。
相手を傷つけないように言葉を選んで話したりするように普段からかなり気を遣って生活しているために、本当は自分が何をどう思っているのかをストレートに言えないので日々のストレスは大きく疲れてしまいやすいようです。

▇ 他人の評価を気にしすぎて、嫌われることを極度に恐れる

1 2 3 4