1. まとめトップ

【茄子キャビア】意味は“男を誘惑する女”?!最強モテ料理「ババガヌーシュ」が絶品

地中海生まれのヘルシーなパテ「ババガヌーシュ」。おもてなし料理としても喜ばれて、“男を誘惑する女”の名の通り、彼やご主人も無限に食べてくれそうな一品ができますよ。

更新日: 2019年10月07日

2 お気に入り 14211 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

先日、初めて食べてからすっかりお気に入りになりました。おウチでも割と簡単に作れて、人に出すと喜ばれるので、レシピもご紹介しますね。

acooさん

◆ババガヌーシュとは?

手前と奥のペーストがババガヌーシュ(baba ganoush)です。

「ババガヌーシュ」とは、レバノン、イスラエル、エジプト、トルコ、キプロス、シリアなど、地中海の東側沿岸国で愛されている焼きナスのディップ。

フムス(ひよ豆のディップ)と同じくらい愛されている料理です。

貧乏人のキャビア、茄子のキャビアとも

フランスでの呼ばれ方。
ヨーロッパでも人気の1品で、プチプチとした感触がキャビアに例えられる所以です。

「男を自由奔放に魅了する女」の意らしい。

男性を狂わすくらい美味しい!ということでしょうが...うん、確かにとても美味しいです!

◆インスタグラムにアップする人が続出中!

今日のインスタ飯。カラヒーとババガヌーシュ。アフガニスタンとエジプトの共演だ!どちらも作るの簡単でうまい。 pic.twitter.com/VyEswaNV64

ツイッターやFBにも、流行が広まってきています。

◆お家でも作れる家庭料理です!

基本的に「ナスを丸のままグリルやオーブンなどで焼く→粗熱が取れたら、ヘタと皮を取り除く→材料をミキサーで混ぜ合わせる」だけでできます。

ナスや育ち過ぎた大きなナスなどが、プチプチ感がよく出てオススメです。

材料 (2〜3人分)
ナス3〜4本(250g)
タヒーニ(芝麻醤、練りごま)大さじ2
ニンニク 1片
クミンパウダー 小さじ1
レモンジュース大さじ1
塩小さじ1
オリーブオイル 大さじ1
パプリカパウダー適量
パセリ 少量
オリーブオイル 適量

材料
<3人分>
・なす          3本(300g)
・白練りごま       大さじ2
・白すりごま       大さじ2〜3
・にんにく        1個
・レモン汁        大さじ1〜2
・EXVオリーブオイル    大さじ2
・塩           小さじ1

(付け合せ)
・パクチーかイタリアンパセリ 少々
・パプリカパウダー      少々
・オリーブ(あれば)     3個
・ピタパンやクラッカーなど  適量

●ナス大3本
●レモン汁 大2~
●白ねりごま大2
●オリーブオイル 大2
●おろしにんにく チューブ2㎝位
●塩小1/2強~

「レンジ蒸しなす」…2個分
アンチョビー…5枚
レモン汁…小さじ1
おろしにんにく…小さじ1/4
塩、こしょう、オリーブ油

簡単ですので、ぜひ試してみてくださいね♪

▽関連まとめ

1