1. まとめトップ

【名作『ポリスノーツ』】ジョナサンとカレンは本当に父娘だったのか【謎・都市伝説検証】

主人公ジョナサンとヒロイン・カレン。惹かれ合う2人が実は父娘だった?と言う可能性を検証。衝撃の結果に?!

更新日: 2018年05月12日

1 お気に入り 26268 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ムラヲサさん

かなり昔にプレイして記憶が曖昧なのですが、ポリスノーツのジョナサンとカレンは親子なのでしょうか?

今もなお語り継がれる金字塔とも言える傑作SFゲーム。
主人公ジョナサンとヒロインのカレンには秘密があったのではと、PC-98で発売された当時から議論されていた。

『ポリスノーツ』 (POLICENAUTS) は、1994年にコナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント(KDE))から発売された(中略)21世紀のスペースコロニーを舞台に繰り広げられるSFハードボイルドアドベンチャーである。

■重要人物紹介

咥えタバコが印象的。副流煙の出ないタイプの煙草だが、相棒のエドにはボロカスに否定される。

主人公、55歳(戸籍上)。ただし肉体的には30歳の現役バリバリ(色んな意味で)。
元ポリスノーツ、オリジナルコップの一人。ロス市警からの選抜。(中略)
特技は射撃と爆弾解体、女性にとある行為をさせること。

プレイヤーのモラルに大きく左右されるものの、こうするのが正道。
亀仙人レベルのエロジジイであり、ジローラモレベルの口説き屋でもあるジョナサン。
ただしこれは若い美人だけに限った特技では無いため、ジョナサンのキャパは神に近い。

プロローグにて登場。事務所入り口の暗がりから出て来ない。ジョナサンに夫の捜索を依頼した後、爆弾によって殺されてしまう。

元ジョナサンの妻。現在は北条ケンゾウの妻。
年齢55歳 身長170センチ カレンの母親、日系3世。
上品な顔立ち。50代ではあるがあまり老けていない。
服装は地味で、アクセサリー類も控えめだが高級ブランドのみを身につけている。

中の人は17歳。見かけでは解らないが、3日に1回BCCHに行き治療を受けなくてはならないほど重病。

年齢26歳 未婚 身長168センチ BBCの人気ニュースキャスター。北条ケンゾウとロレインの娘。
ビヨンドでの大量被曝により、後天性の二次性再生不良性貧血にかかっている。
両親の喧嘩の種であったジョナサン・イングラムを恨んでいる。

左がカレン本人、右の写真が母親のロレイン。
父親のケンゾウの遺伝子は何処へ……。

ロレインの元カレであったジョナサンも、初対面時には思わず見間違うほど。
SF設定やMGS系列を考えると、クローンである可能性も微レ存。

ちなみに彼女は「メタルギアソリッド2・バンドデジネ」にてニュースレポーター役でカメオ出演しているが、例の如く別人もしくはパラレルな存在。いや似せる気無いだろこれ。

『メタルギアアシッド』にもカードとして登場する。

ロレインの現夫。死体役で登場しそのままフェードアウトする。何もかもが悲劇の男。

一流企業で家族の為にバリバリ働いていたけど
嫁はいつまでも昔の夫ジョナサンに未練タラタラ
娘は病気でその為に悪い事に手を染めてまで手術を望んだけど
その娘までジョナサンに惚れ…って思ったら実は自分の子じゃなくジョナサンの子だった
あげくトクガワに殺されて
殺された後も死体を道具にされ、臓器も取られ

■主人公とヒロイン。惹かれ合う2人

「ACT3」にてジョナサンに告白するカレン。
外見だけでなく男の好みも似ていたのか、紆余曲折こそあったが、好きになった男は母と同じであった。

思わず抱きつくカレンに対し、「俺もだよ」と軽く受け流し、背中をポンポンと叩くだけ。

カレンからの告白の際、PC98版ではこのような選択肢が出る。

2人はそのままキスをする(直前で暗転フェードアウト)。
その後エドからの電話のカットに移る。
暗転の間に何があったかは不明。

SS版だとここまでされてもジョナサンは結局手を出さない。PC-9821版ではセリフが「もう一度キスしなさい」になっている。PS版ではこの銃を向けるシーン自体が存在しない。※3DO版はめんどくて未確認。

■実の父親と娘による禁断の愛?!本当に?

案外カレンはジョナサンの娘のような気がするんですが…

エピローグにて二人は実の親子である事が明かになります。25年前にジョナサンが遭難し、その6ヶ月後にケンゾウ氏とロレインが結婚していますから、戸籍上は北条夫婦の娘ですが、実際はジョナサンの子だったのです。

そして結局ジョナサンはコロニーに戻らず、地球(HOME)へ戻ります。親友のエドや、実の娘だと判ったカレンを置いて。

ゲームを普通にプレイしていきシナリオを追っていれば、自ずと帰結していくジョナサンとカレンの関係だが、あくまでそう匂わす程度の示唆で、直接的に描いてはいない。※ただし非常に解り易い。ある種のベタ。

■ゲーム本編でのヒント

ストーリーを知る上で「まあ父娘なんだろうな」と大よそのプレイヤーが辿り着くも、その実、決定的と思えるシーンは本編中、たった2つしか無い。
それもやはり示唆程度で、しかも解釈の余地があり、さらにはPS版・SS版で肝心の部分が削除・改変されている。

1 2 3 4