昭和30年代の少年達の境遇が、作者の実体験を元に包み隠さず描かれています。よく練りこまれたストーリーで、手に汗を握る展開の連続でしたし、作画の画力も非常に高く、特に「大人」の醜さの描写が大変素晴らしい。

出典RAINBOW 二舎六房の七人: 感想(評価/レビュー)[漫画]

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

どれも面白すぎ…「脱獄」漫画には名作しかなかった…!!

「RAINBOW-二舎六房の七人-」に「囚人リク」,「監獄学園」に「約束のネバーランド」まで…暗いイメージがある「脱獄」漫画ですが,名作ばかりなんです!!良い意味で絵に騙されないでほしい作品をまとめてみました。

このまとめを見る