誤解を恐れずに言うと、これは現代版・三國志だ。主人公であるリクがその侠気で力と闇を抱えた棟ごとの「ボス」を味方に引き込んでいく様子は、まさに三國志の劉備玄徳そのもの。

出典囚人リク: 感想(評価/レビュー)[漫画]

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

どれも面白すぎ…「脱獄」漫画には名作しかなかった…!!

「RAINBOW-二舎六房の七人-」に「囚人リク」,「監獄学園」に「約束のネバーランド」まで…暗いイメージがある「脱獄」漫画ですが,名作ばかりなんです!!良い意味で絵に騙されないでほしい作品をまとめてみました。

このまとめを見る