1. まとめトップ

Windows向けエミュレータと便利ネタ+αまとめ

ウィンドウズ用エミュ(主にゲーム)と知ってると便利な小ネタ、ツールなどをまとめていきます。エミュは各ハードごとに1,2つずつの予定です。暫定的に公開。もっと追加します。

更新日: 2018年06月21日

1 お気に入り 2173 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

felethさん

エミュレータとは

各種ゲームソフトをパソコンで遊べるようにするツールをエミュレータといい、初心者でもカンタンに扱うことができます。

しかしゲームソフト(ROMイメージ)の取り扱いには注意が必要で自分が持っているソフトで遊ぶことは問題ありませんが、不特定多数の人にROMイメージを配布することは著作権法違反となりますので気をつけてください。

・据え置き

Nestopiaはファミコンエミュで一番完成度が高く、対応ROM数はたぶん世界一でしょう。再現性が高いだけあって処理は他とくらべて重いですが気にならないレベルです。

Nestopiaの凄いところは操作遅延の問題が生じないことです。コントローラーでプレイしていて反応が鈍くてイライラしたということが置きません。

VirtuaNESは再現性から互換性や品質までかなり完成度が高いファミコンエミュです。他のエミュと比べると若干処理が重いですがカクカクすることは無いですし、なにより安定しています。

設定項目で非常に細かくなっていて、エミュレーション全般の設定やグラフィックの描画方法など変更できます。サウンドではサンプリングレート等の基本的なことからチャンネル一つ一つの音量まで調整できます。

Snes9xはかなり前からあり尚且つ互換性も高い事で有名のSFCエミュです。今でも最高峰の性能を持っていて利用者も多いのでバグ修正等が頻繁に行われています。

オープンソースなので開発が早く、数多くのクローンが作られそしてそれぞれ違う機能を持っています。設定項目もグラフィック・サウンド・コントローラーを細かくカスタマイズでき気に入った設定で遊べます。

higan(bsnes)は正に模擬機というべき性能で、実機のような再現性を一番に重視しているSFCエミュレータです。

他のエミュにあるようなセーブステート、チート、録画機能、ネット対戦等の機能はありませんが、グラフィックやサウンドの再現性はかなり高くもはや実機を超えています。

reality boyを改造して作られたRed Dragonは多くのプラットフォームで動作するバーチャルボーイエミュです。なんとPSPでも動くみたいで面白い。

DosによくあるGUIで動作が少し重く、コントローラー等にも対応していません。日本語フォルダに対応していなかったりと扱いにくいですが他にないのでしょうがないといったところ。

Zilmer氏とJabo氏によって作られたNintendo64エミュレータ。 プラグイン方式採用。グラフィック・サウンド共に非常によくできており、多くのゲームが動作する。 1.5のリリース以降、動きがなかったため開発が終了しているものと思われていたが、2005年4月1日に約2年7ヶ月の沈黙を破って1.6がリリースされた。今現在、一番性能のよいNintendo64エミュレータである。 最新のバージョンでは日本語化パッチを適用しなくとも日本語が正常に表示されるようになっている。

Project64では動作しない一部のゲームも動作する。

1 2 3 4 5 6 7