1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

開放的な気分になれる...国内の“清々しい景色”を望める観光スポット5選

開放的な気分になれる...国内の“清々しい景色”を望める観光スポット5選をご紹介します。

更新日: 2018年05月11日

72 お気に入り 29664 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になる情報をお届けします。

tatsubo1208さん

1、蒜山高原(ひるぜんこうげん)/ 岡山

こちらは岡山県に位置していて、西日本屈指のリゾート地として注目されています。

その魅力はとにかくアクティビティが充実していること。広い高原内では、様々な植物や花をみることが出来たり、ジャージー牛と触れ合うことが出来たり、大人も子供も楽しめるスポットです。

また、蒜山ハーブガーデンでは蒜山三座が一望できる絶好のロケーションの中約250種類のハーブを見ることが出来たり、7月頃にはラベンダー畑が見頃になるので、名物ラベンダーソフトも合わせて食べたいですね。

ジャージー乳製品で全国区の「蒜山酪農農業協同組合」直営のレジャー施設である「ひるぜんジャージーランド」も要チェック。

ジャージー牛との触れ合いや、施設内ではジャージーヨーグルトや濃厚なミルクソフト、お土産なども買うことが出来ますよ。ぜひ蒜山高原で様々な体験を楽しんでみて下さいね。

▼詳細情報

2、茶臼山高原(ちゃうすやまこうげん) / 愛知

こちらは愛知県最高峰である、標高1,415メートルにある高原で、一面に広がる雄大な自然空間が自慢です。

春には芝桜、夏には新緑、秋は紅葉、冬は雪景色を楽しむことができ、特にこれからの時期(※2018年5月12日(土)〜6月10日(日)まで)は芝桜まつり2018を開催するので、ピンク色の綺麗な景色を眺めるチャンスですよ。

茶臼山高原の景色を満喫するなら、ハイキングがおすすめ。四季折々の景色を眺めながらのハイキングはお弁当を持って行ったりするのもいいかもしれませんね。

オールシーズン楽しめる茶臼山高原は、季節ごとにイベントを行っていたり自然に囲まれた美術館などもあるので、自分に合った楽しみ方を見つけてみて下さいね。

▼詳細情報

3、千畳敷(せんじょうじき) / 山口

こちらは山口県に位置する標高333mの高原で、日本海の大パノラマを楽しむことができるとあって人気のスポットです。

高台からは日本海の絶景を望むことができ、日頃の忙しさを忘れ開放的な気分になれるのも良いですね。

テイクアウトグルメを持ち寄ってピクニック気分を楽しんだり、無料の展望双眼鏡やアスレチックなどもあるのでお子さんと来るのもおすすめ。

1 2