1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

議論再び!ノンアルコールビールを職場で飲むことに対する是非

職場でノンアルコールビールを飲むことに対して、再び議論が白熱しています。

更新日: 2018年05月12日

11 お気に入り 38870 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■ノンアルコールビール

ノンアルコール飲料(ノンアルコールいんりょう)とは、アルコール分が含まれないアルコールテイストの飲料。

味や香りをビールに似せてつくった、アルコールを含まない炭酸飲料。→ビールテイスト飲料

リサーチ会社の調査によると、飲食店でも既にノンアルを「置くのが当たり前」な状況になっている

ノンアルビールは消費者の健康志向や低アルコール志向を受け、市場が拡大している。

ここ1年での提供数についても31.2%が「増えた」と回答し、「減った」の1.8%を大幅に上回った。

飲食店へのアンケート結果です。

■昨年もノンアルコールを職場で飲むことに対して話題になった

■そして現在も再び議論が白熱している

インターネット上では、オフィスでのノンアルコールビールの「是非」をめぐる議論が再燃。

職場で隣のオッサンが缶ビールを飲み始めたらどう思うだろうか? おそらく、「何してんだこのハゲ!」と心の中でぶん殴るはず。では、それがノンアルコールビールだったらどうだろう?

「何が問題なの?」というアリ派と、「ありえない」というナシ派が、互いの意見を熱くぶつけあっている

■議論が再燃した原因となっているのが新商品「オールフリー オールタイム」

サントリービールは6月19日、透明なノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー オールタイム」を全国のコンビニエンスストア限定で発売する

「職場でも気兼ねなく」をテーマに開発したノンアルコールビールテイスト飲料を発売する。ペットボトル容器入りで、小麦色ではなく「無色透明」

透明の液体ですが、飲んでみると、味も香りもビールです。なんと、無色透明のノンアルコールビール

アルコール含有量は0.00%で、品目は炭酸飲料。パッケージには「BEER TASTE」と書いてあるものの、よく見なければノンアルコールビールとは気付かない外見となっている。

職場でも気兼ねなく飲用できるよう「透明」「ペットボトル入り」という特長を持った商品にした

サントリーの声です。

近年は伸びの鈍化が指摘されています。オフィスなどにも飲用シーンを広げることで、新たな需要を掘り起こします

全国のコンビニエンスストア限定で販売する。380ミリリットル入りで、想定価格は150円前後としている。

5月8日開設の商品特設サイトで公開されているPR動画には、デスクワークや会議に勤しむスーツ姿のビジネスパーソンが、このビールテイスト飲料をゴクリと飲む姿が

透明で、ペットボトル入りとすることで、オフィスでの業務中やランチなど、昼間の飲用市場を開拓する狙いだ。

■「オールフリー オールタイム」発売がニュースになったことにより、職場でのノンアルコールビールの有無が議論

1 2