1. まとめトップ

NASA、火星にヘリコプター&無人探査機「インサイト」

ヘリコプターを2020年に火星に向けて打ち上げると発表した。

更新日: 2018年05月12日

0 お気に入り 3014 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

火星

Doragonflyさん

米航空宇宙局(NASA)は11日、地球以外の惑星で飛ぶ初めてのヘリコプターを2020年に火星に向けて打ち上げると発表した。

21年に到着させ、地球よりもはるかに薄い火星の大気中でも、飛行が可能かどうかを検証する。

火星の重力は地球の3分の1で、この点は飛ぶのに有利だが、大気の密度が100分の1程度と小さいため、羽根を回転させて機体を浮かせるための揚力を確保するのが難しい

このためNASAは羽根の回転数を10倍に上げるなどの工夫を凝らす。

ヘリコプターの大きさはソフトボールほどで2キロ弱の重さ。羽根は太陽電池の電力で動く。

地球から直接の操縦は難しいため、指令の電波を送信すればそれに従って自律的に動く仕組みだ。1カ月の実験期間中に、最長で90秒の連続飛行を目指す。

米航空宇宙局(NASA)は5日、火星の内部構造に迫る無人探査機「インサイト」を西部カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地からアトラス5ロケットで打ち上げた。11月に火星に着陸し、約2年かけて探査する。

巨大な山々など、火星に特徴的な地形が形成された過程を内部構造を知ることで明らかにするのが狙い。地球など岩石でできた惑星の成り立ちに迫ることも期待される。

火星の赤道付近にパラシュートやエンジンの逆噴射を利用して着陸

表面に地震計を設置して振動を分析したり、自転のふらつきや地下の熱の流れを観測したりして、総合的に内部構造を探る。

地球のお隣にある赤い惑星・火星も、約45億歳にして初めてとなる精密検査を受けることになった。

2018年5月5日、米国航空宇宙局(NASA)は新型の火星探査機「インサイト」(InSight)の打ち上げに成功した。これまで人類は数多くの火星探査機を送り出してきたが、インサイトは初めて、火星の内部に重点を置いた探査を行う。火星の内部を精密検査することで、いったいなにがわかるのだろうか。

NASAはインサイトによる探査を、「火星を精密検査し、バイタルサインを見る」とたとえる。

インサイトには、地震などの振動を捉えられる地震計と、火星の内部の温度を測れる温度計などの観測機器が搭載されている。つまり地震計で火星の脈拍を、温度計で火星の体温を調べるのである。

こうした火星のバイタルサインを調べることで、大きく2つの、大きな謎が解けると期待されている。

ひとつは、火星における地震活動の解明である。

地球で起こる地震は、地殻の内部の岩石が動いて起こるが、火星でも同じことが起こっているかどうかは、まだはっきりとわかっていない。しかしインサイトによる探査で、その謎に終止符が打つことができると期待されている。

地球のような地震はなくても、隕石などが落下することで起こる地震があるかもしれない。

インサイトの地震計は、発生場所や大きさなども調べられるため、火星にどれくらいの頻度で隕石が落下し、どんな衝撃を与えているのかというデータも取れる。それは将来の有人火星活動を安全に進める上で役立つ。

そしてもうひとつが、火星がどのようにしてできて、そして進化してきたのかということである。

火星は地球や月と同じ材料からできたと考えられているが、まだ確かな証拠はない。そもそも、火星の内部がどうなっているかもわかっていない。

インサイトによる探査で、火星の起源と歴史だけでなく、地球や月についても、さらに太陽系外惑星についてもより深く知ることができるかもしれない

そこで地震計を使い、火星の内部を伝わる揺れの波の伝わり方を調べることで、火星の内部にどんな物質がどれだけあるのかを推定することができる。

温度計を使って、火星の内部から流れてくる温度を正確に測れば、内部でどのような活動が起こっているのかがわかる。これらのデータを組み合わせることで、火星内部についてより詳細かつ正確に推定することができる。

火星の内部には、その誕生から現在までの痕跡が残っているのである。

いまから約45億年前に火星ができたときに、どのような姿かたちをしていたのか、そしてどういう進化の歴史を歩んできたのかがわかる。

さらに、インサイトによる探査でわかるのは、火星のことだけにとどまらない。

NASAの科学ミッションの責任者を務めるThomas Zurbuchen氏はインサイトは火星についてだけでなく、地球や月のような他の岩石でできた惑星や、他の恒星のまわりを回る何千もの系外惑星についての理解も深めることになるだろう」と「期待を語る。

打ち上げ後のインサイトの状態は正常で、火星に向けて順調に飛行を続けている。

インサイトはこれから宇宙を約6か月間にわたって飛行し、今年の11月26日に火星に着陸する。火星着陸は難しく、火星大気への突入から着陸までにかかる時間から「恐怖の7分間」とも呼ばれる。

NASAは探査機の運用室からの中継を予定しているので、当日は関係者とともに見守ることもできる

無事に着陸すれば、観測機器を展開して探査を開始。探査期間は約2年(火星の時間では約1年)が予定されている。

折しも、今年7月31日には、火星と地球の距離が接近する「火星大接近」が起こる。2003年以来、15年ぶりに最も近づくとあって、大勢の人が夜空を見上げる機会になろう。

この夏、夜空に赤く輝く火星を見ながら、火星の歴史と、その内部に潜む謎に挑もうとするインサイトに、想いを馳せるのも一興かもしれない。

1