1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

1巻完結!短いのに『不気味な世界観』に引き込まれる漫画6選

「外道の書」「脳男」「時間島」「特別法第001条 DUST」「THE QUIZ」「スマグラー」のおすすめ6作品。

更新日: 2018年07月04日

124 お気に入り 41381 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼『外道の書』イダタツヒコ

その本がいつ誰に書かれたのか誰も知らない。魔術師が悪魔を呼び出して書かせたとも、人類誕生以前からあったともいわれている。そしてその本『ネクロノミコン』には絶対の心理、究極の知識が書かれているという…。

イダタツヒコ『外道の書』再読。この物語も知識欲に取り憑かれたモノの話です。好き。この人が本になるシーンなんて、今のアニメーション技術でアニメ化されたらめっちゃかっこえぇことなるんちゃいますのん!?て思いますん。13話で完結ですし、ちょうどよぅないですか? #2018本akira1978 pic.twitter.com/0KXBTqKV16

イダタツヒコさんの漫画初めて読んだ時のような衝撃がな…外道の書とかあれもヤンマガで連載してたの読んで面白いというか、うわ、きたて感じ

「外道の書」を読んでイダタツヒコ先生のファンになったんだよなあ。RT

▼『脳男』首藤瓜於, 外薗昌也

連続爆弾事件の容疑者として逮捕された、謎の男・鈴木一郎(すずき・いちろう)。警視庁から、鈴木一郎の精神鑑定を依頼された精神科医・鷲谷真梨子(わしや・まりこ)は、彼こそが、心を持たない、脳だけの男、「脳男」であると知る。

【新着】映画化もされたベストセラー『脳男』を #外薗昌也 先生が描き下ろし漫画化。 続きが公開されました! 殺人犯として捕らえられた男・鈴木の正体は半年経っても謎で… 『脳男』(原作:首藤瓜於)#3 kodansha-cc.co.jp/comic/nootoko0… #外薗昌也 #首藤瓜於 #脳男 pic.twitter.com/VP1HjS8iOs

漫画の「脳男」を再読。これは原作の小説も読んだし映画も観てますが、私は外薗昌也さんが描いた漫画が一番良かった。原作も映画も期待していた程ではなく、そのなか漫画は所々原作を改変してるのだがそこが私には面白く感じてこの脳男が理解出来た。 pic.twitter.com/673e7Qyo85

外薗昌也先生の描かれる漫画版の脳男が格好良すぎて眠れん。感情の無い人に感情呼び起こせるような、誰かの特別に私はなりたい。

▼『時間島』椙本孝思, 松枝尚嗣

かつて、炭鉱で栄えた「矢郷島」。現在では巨大な廃墟となった、この無人島を訪れたテレビ撮影班一行。撮影は和やかに進み、無事に帰れるはずだった。

ADである主人公の携帯に届くビデオメール。「お前たちは生きてその島から出られない」顔を包帯で覆った人物の奇怪なメッセージ。彼は告げる、一行の中に潜む殺人犯を探し、事件を阻止せよと。

軍艦島をモデルした無人島で起こるホラーミステリー。未来から一方的に送られてくるムービーを見て主人公がその予言を覆そうとするお話。かなり読みやすい作品なので2時間ドラマとかでやってもいいんじゃないかなと思います。漫画だと読むのに15分くらいかな? #時間島

漫画版「時間島」のフランス語版が刊行されました。シンプルな表紙カバーが素敵。ミイラ紳士のイメージはH.G.ウエルズの透明人間でした。フランスにお住まいの方はクリスマスのプレゼントにぜひどうぞ。日本での新刊もそのうちに。hummm…… pic.twitter.com/nGCNfBvOQ2

▼『特別法第001条 DUST』壱臣, 山田悠介

就労しようとしない人間が増え続ける状況に業を煮やした政府は、未就労、未納税の「ニート」を島流しにする棄民政策・通称「DUST法」を可決、執行した。

ある日突然、孤島に“棄民”された章弘と五人の若者たち。刑期は500日。絶えず襲いかかる敵の襲撃と飢餓の恐怖。生死を賭けたサバイバルの中で、仲間同士の裏切り、殺し合い、そして友情と恋愛。この島から、いったい何人が生きて出られるのか。

山田悠介は泣けるやつ書くよね~DUSTはなかなか面白かったの思い出すな(´ω`)暇な人は読んでみて(^-^)設定がまずおぉぉってビビるし、人間って怖い・スゲーって思える物語!!!!

ここ数日漫画をむさぼり読んでるんだが、やっぱ漫画の世界は広いのう。自殺島は山田悠介のDUSTと設定がめっさ被ってるwww

山田悠介の『DUST』のマンガあったんや(((o(*゚▽゚*)o))) おい、ニートは島流しだぜ!

1 2