1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

日常の「孤独や寂しさ」が心にしみる短編マンガ5選

普段、生活していて誰もが感じるような『不安・孤独・寂しさ』が描かれた短編マンガ。「夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない」「夜とコンクリート」「サザンウィンドウ・サザンドア」「素晴らしい世界」「まだ旅立ってもいないのに」のおすすめ5作品。

更新日: 2018年07月09日

72 お気に入り 20851 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼『夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない』宮崎夏次系

「すべての臆病な「僕たち」へ」をコンセプトに、日常を生きる人々の心へ、そっと光を照らす物語が収録されている。

「夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない」初めて読む作者さん。 こう言う絵柄は滅多に手に取らないんだけど、試し読みで惹かれて購入。静かに心のどっかがざわざわする。心地良い後味の悪さ。沁みるような悲しさがイイ。 pic.twitter.com/dioAquythQ

なんだか優しい気持ちで一日過ごせそうです。/宮崎夏次系『夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない』第七話「石鹼」 pic.twitter.com/VKUizpW8xm

学生から勧められた漫画「夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない」(宮崎夏次系)読了。なるほど、これはすごいわ。自分はこういうジャンルを絶対に書けないし、どうやったら書けるようになるのかもわからないけど、とにかく作者の洞察力と発想とセンスに圧倒されながら読んだ。おもしろい。

▼『夜とコンクリート』町田洋

まるで、ノスタルジーな風景を描いたポストカードを眺めるように、遠い記憶をイメージさせ、センチメンタルな「ぼんやり」を大いに味わうことのできる1冊

『夜とコンクリート』は現代を舞台に、大人になろうとしている子ども、大人になろうとすることを拒もうとしてしまった若者、疲れて不眠症の建築士の日常とその悩みからの脱却を描きます。

『夜とコンクリート』読了 空が印象に残る漫画を描く人だなぁ。孤独と救いがどの短編にもある。救いと言うほど大袈裟じゃなくて、何かを受け入れられる様になるといった程度のものかもしれないけど、そのほんの細やかな変化が妙に心地よい。 pic.twitter.com/GZyUALbl8Y

『夜とコンクリート』という漫画に「夏休みの町」という話があって、高校生の時に初めて読んだのですが、あの頃は単純にひとつの作品として楽しめた。けれど今は他人事ではない。切実に苦しい。 pic.twitter.com/Adc5BZSoQN

①町田洋「夜とコンクリート」 これから先も漫画界の行く末を追いかけ続けたい、そんな漫画好きさんには絶対にであって欲しい漫画です。雰囲気に騙されないでください。優しくないから! pic.twitter.com/mXitZlbwVG

朝のツイート関連で夜とコンクリートという漫画の発泡酒という話がすごく短いけど心を打つ pic.twitter.com/jp435Qj3Rb

▼『サザンウィンドウ・サザンドア』石山さやか

舞台は建て替えが進み、新旧入り混じった景色が広がる、とある団地。大人とこども、自由と不自由、孤独とぬくもり。数多の窓、数多のドアの向こうにある、それぞれの生活――。

そこに住む人々のささやかな日常を丁寧に切り取る、オムニバス短編集。

石山さやかさんには『サザンウィンドウ サザンドア』(祥伝社)というご著書もあります。団地に住むさまざまな人々の日常、人間模様、そして生きる道を、時にユーモラスに時に切なく描いたオムニバス漫画。 pic.twitter.com/mZnsIiTZ7a

サザンウィンドウ サザンドア 石山さやか;著 団地漫画や団地小説が流行中? 住んでいる人間には当たり前の日々が、他の人には不思議な世界なのかな 団地住いの私には、ん~わかるわかる(笑) いつも声や音がして明かりがついていて、人付き合いも鬱陶しいけど暖かい場所。 それが団地‼ pic.twitter.com/C32SXkTAzq

石山さやか著『サザンウィンドウ サザンドア』読了。とても温かい気持ちに。スター団地の絵が大好き。ここからおばけ公園を通って梅林に至る道、景色、空気が自分にとって大切な空間です。団地が好きな方、興味のある方は、ぜひ、読んで欲しいです。 pic.twitter.com/BC7kQSEpIn

団地には、それぞれの生きる背景を持つ、様々な年代の人が暮らし、その個人に一時光が当たる。ドアの向こうには、それぞれの生活、喜び、孤独、不安があり、その物語を漫画で掬い取る。新しい時代の表現。石山さやか『サザンウィンドウ・サザンドア』(祥伝社) pic.twitter.com/sfMsPHyfZX

▼『素晴らしい世界』浅野いにお

心に不安や不満を抱えながらも、いつか素晴らしい世界にたどりつくことを夢見て、それぞれの日々を生きる人たちの日常をリアルに描いた連作短編集!!

1 2