1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

紛争で40万人の子どもが命の危機…「コンゴ」の現状がひどすぎた

政治的な内紛によってコンゴが危機状態になっています。約40万人の子どもが栄養失調で命の危機に晒されています。

更新日: 2018年05月12日

21 お気に入り 64952 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■コンゴ民主共和国

コンゴ民主共和国(コンゴみんしゅきょうわこく)は、中部アフリカに位置する共和制国家

コバルト(生産量世界第1位),ダイヤモンド(同2位),金(同1位)等の鉱物資源に恵まれており,輸出品の約9割を鉱物資源が占めている

民族固有の宗教のほかキリスト教が広く普及。公用語はフランス語であるが,リンガラ語,スワヒリ語なども広く用いられる。

■2016年に紛争が勃発

2016年12月、同月19日に任期が切れたにも拘らず退陣せず居座るカビラ大統領に対し退陣デモが発生

2017年末までに大統領選を実施することで与野党が合意したものの、選挙管理委員会は有権者登録の遅れを理由に選挙実施を2019年4月以降に延期

コンゴ(旧ザイール)中部のカサイ州などで2016年に始まった政府軍兵士・政府系民兵と反政府系民兵の戦闘

今年4月から10月にかけて、警察当局や治安部隊が反政府デモの参加者ら少なくとも53人を殺害していたことが分かった

憲法で2期までと定められている任期が切れてもなお居座り続ける、ジョセフ・カビラ大統領に立ち向かうための市民的不服従

デモの理由です。

デモを観察していた200人の監視団員によると、6か月で52人が撃たれて死亡し、1人が催涙ガスにより死亡したという。

■この長期に渡る紛争の犠牲になっているのが子供だ

コンゴ民主共和国のカサイ地域では、5歳未満児の77万人が急性栄養不良に陥っており、中でも40万人は重度の栄養不良で命の危険がある

ユニセフは「直ちに人道支援を強化しないと、亡くなる子供が急増する」と警鐘を鳴らしている。

ユニセフによると、子供約230万人を含む計約380万人が人道支援を必要としている

何カ月も医療や安全な飲み水を手にしていない子供が多数いるほか、学校約100校が破壊されている。

紛争のために避難を余儀なくされた農民たちは、植え付け期を3期連続して失いました。そのために、人々には食べるものがほとんど残されていません

交通が非常に不便なへき地のため援助を届けるのが難しく、活動している援助団体も少ないうえに、世間に注目されない

何千人もの子どもが、武装グループに徴兵・徴用された。カサイ地域の武装グループに所属する人々の60%は子どもたち

暴力の影響で子どもたちの定期予防接種は中断され、地域は現在、コレラやはしかの集団発生に直面している。

この手の話を聞く度に、争ってるのって同国民同士ですよね?とか思ってしまう。 介入しなくて良いとは思わないけど、介入して解決できるとも思えない。 →コンゴ 栄養失調で40万人の子どもに命の危険 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2018…

日本じゃ少子化だ子供産めーと言われ、かたやコンゴでは数十万人の子供が餓死する可能性がある。命の重さは同じはずなのに、生まれる国が違うだけで望まれ保護されるのか、餓死するのか変わるのは心情的にキツイ。ニーズといっちゃ語弊があるけど受… twitter.com/i/web/status/9…

コンゴで40万人の子供達が、命の危機らしい。 募金くらいしか、してやれないとは思うけど。 自分が生かされている事の確認と、 何は無くとも、その感謝が無ければ、 俺の存在は、嘘でしょうよ。 本日のこの穏やかな日本晴れ。 コンゴの… twitter.com/i/web/status/9…

1 2