1. まとめトップ

ネトウヨが弁護士に集団で懲戒請求の迷惑行為!弁護士が反撃して話題 #不当懲戒請求

ネトウヨが弁護士に集団で懲戒請求中の迷惑行為をしていた件で、弁護士が反撃に転じて話題になっています。懲戒請求中を行った人物らに対して、業務を妨害されたとして、損害賠償を求める動きが広まっています。

更新日: 2018年06月15日

0 お気に入り 6917 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

最高裁の判例では、事実上または法律上の根拠を欠く場合において、請求者がそのことを知りながら、または普通の注意を払えば知りえたのに、あえて懲戒請求していれば不法行為にあたる、とされている。

懲戒請求した人の年齢で、今分かってるのは、1番若くて43歳。40代後半から50代が層が厚く、60代、70代もおられる。今までネトウヨ諸君と呼びかけていたけど、年齢的に上の人が多そうなので、失礼だったかな?

◆弁護士に対する業務妨害・嫌がらせ

今回の問題は二層あると思っています。1つ目の層は、神原先生などヘイトスピーチや民族差別問題に取り組んできた弁護士に対する、当該業務への妨害というもの。もう1つの層は、私など、単に気にくわない弁護士に対する嫌がらせ行為というものです。 #不当懲戒請求

私は、労働弁護士として、不当な扱いを受けた労働者が必死に抗うことを、時には叱咤激励しサポートしてきました。幸い、私は不当懲戒請求者を返り討ちにすることも可能な環境にあります。自身への #不当懲戒請求 放置は、私個人の信条とも整合しません。

#不当懲戒請求 の件、ささき先生と一緒にやろうと思ったのはもちろんささき先生が一番の被害者であるということが大きいんだけれども、もう一つ「ウヨvsサヨ」みたいな思想対決だと思われる要素は減らしたいということもある。これは思想への対… twitter.com/i/web/status/9…

懲戒理由とされた私のtweetは、佐々木弁護士のtweetに対する返信で「なんで懲戒請求されてるのか、ほんと謎です。酷い話だ。」と書いたもの。それだけ。 懲戒請求者にはきちんと責任をとってもらいます。 私は、懲戒請求者をこのまま放置するつもりは毛頭ありません。

ネトウヨさんは、なんで敢えて危険に近づくのかな?頭が悪いのかな?

◆当面の和解には応じる姿勢

やさしいという批判を受けていますが、和解基準を緩めるつもりは全くありませんし、謝罪しない人は漏れなく全員訴える予定ですので、誤解なきようお願い致します。準備は着々と進んでいます。 #不当懲戒請求

#不当懲戒請求 たぶんネトウヨは、訴状を受け取っても出頭もしなければ答弁書も出さないだろう。結果、原告の請求が全部認められる。でもネトウヨは支払わない。何故ならば、2ちゃんねるの「ひろゆき」氏のように逃げ切れると思っているから。だが弁護士集団を甘く見てはいけない。手は打ってある。

本日、訴訟前和解を希望される複数の方々より当事務所にご連絡を頂いた。そこで、これより、本件不当懲戒請求をされた方々に対し、順次、賠償金の支払請求書と和解書をお送りする。 提訴前または第一回期日前に和解が成立した方については、提訴を… twitter.com/i/web/status/9…

#不当懲戒請求 関係でとうとう提訴されたみたいだけど、「大した財産も貯金もないから裁判負けても賠償金支払い無視すれば余裕w」みたいに思ってる人がもしいるなら、こういう時、まず真っ先に差し押さえられるのは「あなたの給与」だということ… twitter.com/i/web/status/9…

#不当懲戒請求 で提訴された地方在住のネトウヨの皆さん。あなたが行かなければならなくなった東京地裁は、東京駅から地下鉄で2駅です。 pic.twitter.com/Ty25gGhTa9

#不当懲戒請求 仮に札幌のネトウヨが、東京地裁午前10時の期日に呼び出された場合、新千歳で前泊しないと飛行機が間に合わない。片道4万円に東横イン1万円。まあ、2回目か3回目で結審の簡単な事件だろうから、交通費で30万円くらい必要。 pic.twitter.com/ZvvK0EQn4D

◆ネトウヨに対する世間の批判

#不当懲戒請求 の件だけど、まあ橋下徹が光市の事件の弁護団におんなじように乗せられた人たちも同じで、なにか「ものすごい数で押し寄せたら、それが民意になって多数決でまかり通っちゃう」みたいに勘違いしてねえかな。いい歳して多数決と「民主主義」の区別ついてない奴、多いよね。

ネトウヨは今こそ、伝家の宝刀「自己責任」を叫ばないと。鏡に映る自分に向かって。 #不当懲戒請求

◆弁護士が寄付も募っている

#不当懲戒請求 への法的措置をとるか否かの主たる考慮要素は、既存の依頼者や活動への影響。そこを克服するのは、頼りになる同僚含む仲間であり、最後は「お金」。相当額の実費もかかるし、手間暇はお金で買えるので影響を最小限にできる。 それで、カンパに頼ることにしました(現在口座開設中)。

郵券とは、郵便切手の意味です。裁判所に民事訴訟を提起するときに、郵便切手を納める必要があります。1名につき6000円分で、1名増えるごとに2144円増加します。

いただいた金額の合計および使用内容につきましては適宜TwitterやFB等で報告させていただきます。 もし、非常に多くのカンパを頂戴した場合には、今後同様の被害にあった人のためのプール金とさせていただく予定です。引き継ぎ先等につきましても適宜ご報告致します。

◆同じ住所からの請求?

懲戒請求をかけられた弁護士2人が「ネットの書き込みでは真偽が確認できないのでこちらとしては粛々と手続きを進めざるを得ない」と言ってるってことは、懲戒請求の束の中に、親族一同からのものと推察できる請求が存在することは事実なんだろうね。

懲戒請求書の中には、同じ住所、同じ姓、そして同じ筆跡のものがあるのを複数確認しています。 twitter.com/tawaraguchi/st…

◆検察の業務も妨害

【悲報】懲戒請求濫用の人たち、各地の検察にも3万5千通(ダンボール35箱)の告発状を送りつけ業務妨害していたことが発覚 pic.twitter.com/ZQljqeWRAh

◆弁護士・山添拓さんの見解

1