1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
13 お気に入り 41829 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道を基にまとめました。

manuronaldさん

■シーズンも最終盤を迎えた欧州サッカー

Jリーグへの移籍が取り沙汰されているイニエスタを始め、早くも今夏の移籍市場に大きな注目が集まっている。

■今夏は大物選手の移籍ラッシュが起こるかも

ネイマール(パリ・サンジェルマン)

リーグ戦では2月末に負傷で離脱するまでに公式戦30試合28ゴールを記録するなど活躍したものの、CLでは早々に敗退。

また、監督やチームメイトと良好な関係を築けておらず、すでにPSGに対して退団を申し入れたという報道も。

ネイマールのバロンドール獲得の夢を実現できるのはレアルくらいしかなく、レアル側も接触したことを認めている。

PSGとの契約は2022年まで残っているため、レアル移籍には3億ユーロ(約398億円)が必要であり、その動向が注目されている。

ベイル(レアル・マドリード)

2013年、移籍金1億ユーロ(約130億円)という当時の世界最高額でレアル・マドリードに加入。

しかし度重なる負傷によって期待通りの活躍を見せられておらず、ネイマール獲得資金捻出のため、今夏の放出が噂されている。

本人は残留を希望しているものの、レアル側は1億ユーロ(約131億円)以上の入札で同選手の譲渡に応じる構え。

現在、マンチェスターUやインテルが獲得に興味を持っており、今夏の動向に注目が集まっている。

ハメス・ロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン)

2014年、8000万ユーロ(当時約110億円)の移籍金でレアルに加入し、背番号10を着けてプレー。

しかし、期待に応える活躍をみせられずに出場機会が減少し、昨夏に2年間のレンタル移籍でバイエルンに加入した。

バイエルンは買い取りオプションを行使し、今夏に移籍金3520ユーロ(約46億8000万円)をレアルへ支払う見込み。

同選手もバイエルン残留を望んでおり、完全移籍への移行に障壁はないとみられている。

グリーズマン(アトレティコ・マドリード)

1 2