1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

akitokineさん

身体は疲れていないに鏡を見るたび疲れた印象に見えてしまう…そんなことはありませんか?目の下のクマは人に不健康な印象を与えてしまいますよね。

クマの種類

目の下にできるクマは主に下記の3つがあります。

茶クマ:メラニンや色素沈着、また角質肥厚が原因で茶色く見えるクマ

黒クマ:ハリ・弾力が低下し、たるみができることによって黒く見えるクマ

青クマ:睡眠不足などにより目の周りの血行不良などが原因によって青く見えるクマ

です。普通、睡眠不足でクマができたと感じられるクマは青クマです。

クマが現れやすい肌質は・・

青クマ:色白で皮膚の薄い人に表れやすい

茶クマ:日焼けすると赤くなって黒くなる人、赤くならずに黒くなる人に起こりやすい

黒クマ:はっきりした顔立ちの目が大きい人に目立ちやすい

目の下のクマを改善する方法は・・

目の疲れをとる

目の疲れを軽減させるよう時々目を休ませることに注意しましょう。そしてなるべく規則正しい生活を送り、7時間程度の良質な睡眠を心がけます。

血行を良くする

『温めたタオルと冷たいタオルを交互に
1分×5セット合計10分のせる』

という、血行をよくするための「温冷ケア」方法です。

目のまわりはしっかり保湿

目の下のくまをはじめ、さまざまな肌悩みや目の周りのお肌の老化を防ぐためにも、しっかり保湿を行って、乾燥肌対策をしましょう。

顔全体の保湿に加えて、目元専用美容液やアイクリームを使ってスキンケアすることをオススメします。

食事で改善

氷入りの飲み物を飲んだり、アイスを食べたりする方は、知らずのうちに体が冷えてしまっているかも。そんな方に知っていただきたいのは、特別なケアをしなくても少し食べるものに気をつけるだけで、自然と体を温めることが可能だということです。例えば、体を温める食材には、「しょうが」「納豆」「ラム肉」「紅茶」などがあります。「ラム肉」を除いては、日頃の食生活で手軽に摂れるものばかりなので、積極的取り入れましょう。

マッサージで改善

おすすめの目元マッサージ方法の手順は以下の通りです。

1.両手の人差指から薬指までの3本指をおでこの真ん中に当て、気持ちよいと思える程度の圧力をかけながらこめかみまで移動します。

2.両手の中指の腹を左右の目尻に当て、目の下の骨の縁をなぞるように目頭まで移動させ、目の上の骨の縁をなぞるように目尻へ移動します。

3.両肘を肩と並行に張って、中指と薬指の腹を目の下に当て、目頭から目尻、こめかみへと圧力をかけながら移動します。

それぞれを状況に合わせて3~5回くりかえしましょう。

まばたきストレッチ

【ギュッとまばたき】
1. 目をギュッと閉じて5秒間キープ

2. 目をパッと思い切り大きく広げて5秒間キープ

3. これを5回ほど繰り返します。

目元のツボ押し

目の下のクマの解消法である効果的な目の周りのツボは、以下の通りです。

・太陽(たいよう)……こめかみあたりの骨がくぼんだ部分にあるツボです。側頭部の血流を促進させる効果がある他にも、頭痛を改善する効果もあります。

・睛明(せいめい)……鼻の根元あたりにあり、目頭の間のくぼんだ部分にあるツボを指します。目の周りの血流を促進させ、眼精疲労を改善するツボでもあります。

・四白(しはく)……正面を向いた際、瞳からちょうど真下に位置し、小鼻からまっすぐ横にある少しくぼんだ部分のツボを指します。

目の周りの血流を促進させ眼精疲労を改善する他にも、目の下のたるみを改善する効果もあります。

YouTube〜目元のリンパケア

1 2