1. まとめトップ

入国管理局に検察庁・・・まだまだあった、懲戒請求濫用グループによる組織的業務妨害

「賢さには限度があるが、愚かさはそうではない」(アインシュタイン)

更新日: 2018年05月16日

3 お気に入り 16626 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

母ちゃん母の日おめでとうな

Bulldog_noh8さん

このまとめについて

懲戒請求濫用って?という方はこの辺をご覧ください。

それでは本題まいりましょう。

実は3年前に在日コリアンの虚偽通報を繰り返したのもこの人たちだった

これはびっくりしました。

「弁護士を一斉に懲戒請求しろ」と煽った顔ぶれが、三年前に「在日コリアンを一斉に虚偽通報しろ」と煽って役所から刑事告訴されそうになった顔ぶれとほぼ全く同じであることを教わり、驚きとともにどれだけ学ばない人たちなのかと軽く感動すら覚えている。

三年前の大量虚偽通報は、ネットで「ウヨマゲドン」という用語で呼ばれていた。 2015年7月の在留カード更新期限を1999年7月のノストラダムス予言になぞらえ、「ネトウヨの信じるハルマゲドン」、だからウヨマゲドン。 当時から既に一部… twitter.com/i/web/status/9…

加えて言えば、これには地方議員が少なくとも1名、経済評論家や作家を自称し書籍の出版経験がある人間が少なくとも3名便乗し、通報を煽っていました。
もちろん今に至るまで彼らは何の責任も果たさず、釈明から逃げ続けています。

これが三年前の大量虚偽通報。 在日コリアン(とネトウヨが勝手に決めつけた人間)のリストが匿名掲示板やブログに次々に貼り付けられ、狂ったように不法滞在通報が相次ぎ、役所が業務を継続できなくなった。 広めた人たちや煽ったブログは ほぼ… twitter.com/i/web/status/9…

彼らの意に沿わないメディアの記者や学者、著名人、弁護士などが軒並み「在日認定」されてリスト化

「集団通報のしかた」「追い詰められる在日」

「匿名でOK!」「間違っててもOK!」「金銭負担なし!」

これはその後のニュースです。結局、役所が受け付けを停止せざるを得ないほどの障害が生じています。

J-CASTのニュースなどはまだ閲覧可能ですね。

大量懲戒請求事件の件。 私に懲戒請求してきた連中は、植村隆さんの勤務先に脅迫状を送ったり、在日朝鮮人に関して入管に妙な通報をしたりした連中と重なっているかもしれない。多くは在特会の会員だろう。 民事よりむしろ刑事に力を入れ、彼… twitter.com/i/web/status/9…

さらに全国各地の検察庁にも大量の告発状らしきものを送りつけていた

これは当人らが「第一次告発」「第二次告発」などと称して繰り返し行っており、そもそも今回の弁護士さんたちに対する懲戒請求の多くは「第六次告発」という活動の一環として行われたものです。

懲戒請求を巡って話題になっている余命三年時事日記さん。懲戒請求だけではなく、告発状を送りまくる活動もしているらしいので調べたところ、なんと東京地検3万5千通(段ボール35箱分)をはじめ横浜地検1万1千通、京都地検5千通など、判明す… twitter.com/i/web/status/9…

余命さんのブログで、各検察庁から告発状が返戻された際の文書が公開されていました。札幌や名古屋などの地検では具体的な数字が挙げられていなかったので、実際にはもっと多いのだろうと思います。以下より確認できます。 yh649490005.xsrv.jp/public_html/20…

なんだこりゃ。 膨大な事務作業を生むことになり、貴重な税金の無駄遣い。本来の検察庁のお仕事にも支障をきたす。 twitter.com/HON5437/status…

岡山地検。法律上は告発状の要件を満たさないため、「告発状と題する書面」を不受理で突き返しています。

東京地検。同上。
あまりケチくさいことを言いたくもないのですが、書類の返戻とはいえダンボール何十箱だとそれなりにお金かかるんですよね。税金。

もうあとは全部同じなので、札幌地検、青森地検、盛岡地検、仙台地検、秋田地検、山形地検、福島地検、水戸地検、宇都宮地検、前橋地検、さいたま地検、千葉地検、横浜地検、新潟地検、富山地検、金沢地検、福井地検、甲府地検、長野地検、岐阜地検、静岡地検、名古屋地検、津地検、大津地検、京都地検、大阪地検、神戸地検、奈良地検、和歌山地検、鳥取地検、松江地検、広島地検、山口地検、徳島地検、高松地検、松山地検、高知地検、福岡地検、佐賀地検、長崎地検、熊本地検、大分地検、宮崎地検、鹿児島地検、沖縄地検からの不受理の文面は割愛します。

この膨大な量はどこから生まれるのか

東京地検に送られた告発状(らしきもの)だけで35,043通(ダンボール35箱)。
なかなか狂気を感じる量ですが、もちろん35,043人が送った結果ではなく、実数は1000〜2000人程度だと思われます。

つまり署名のような感覚で、数を水増ししているわけですね。
適当に家族や親族の名前を使って。
これは煽った当のブログでむしろ推奨されている手法です。

厳密に言えばこれだって私文書偽造なわけですが、入国管理局や検察庁のケースでこれが大した問題になることはありませんでした。

1 2