1. まとめトップ

日中戦争の『南京大虐殺』における旧日本軍の蛮行・虐殺行為

日中戦争1937年に行われた『南京大虐殺』における旧日本軍の蛮行・虐殺行為についてまとめました。

更新日: 2018年08月25日

0 お気に入り 4296 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

日テレ「南京虐殺Ⅱ」凄い仕事だった。「日中で大きく異なる主張があるからこそ大きな意味を持つはずだった一次資料を焼却してしまったこの国。今は僅かな資料からその輪郭に迫るしかない。」ってナレーション、報道人としての切実な問題意識が詰まっててグッときた。

◆南京における虐殺行為

約6週間もしくは最大で2か月以内にわたって、当時の日本軍が中国軍の捕虜、敗残兵、便衣兵、そして南京城内や周辺地域の一般市民などに対して殺傷や暴行を行った

◆ジョン・ラーベの避難区

日中戦争の南京攻略戦時には民間人の保護活動に尽力した。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)南京支部副支部長。

1937年、日中戦争が勃発し、日本軍による南京攻略戦の際に、他の十数人の外国人と共同で組織した南京安全区国際委員会の委員長となって、中国民間人の保護に努める。

ラーベが対中国国民党の武器商人であったという説を発表した。また、アメリカ・ハーバード大学のウィリアム・カービー教授は、シーメンス社がオランダの複数の会社を通じて中国へ武器を売っていたと指摘

◆軍隊で感覚が麻痺する兵士

◆関連リンク

1