1. まとめトップ

こわっ!鼻毛は抜いちゃいけない…知っていたい『体の雑学』です

知れば話したくなる、試したくなるTwitterで見かけたカラダ雑学です

更新日: 2018年05月14日

7 お気に入り 2151 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

知れば話したくなる、試したくなるTwitterで見かけたカラダ雑学です

jetwskyさん

人間の体は何とも神秘的で、体内で常に起こっている生命活動ってFacinatingでAmazingなの。

意外に小さかったアインシュタインの脳

進化の過程を辿ると、さも「脳が大きい=頭が良い」と思ってしまいがちですが、これは間違い。偉人の容量を比較してみると、この間違いが顕著になります。

◇ツルゲーネフ(作家)・・・2012cc
◇カント(哲学者)・・・1650cc
◇湯川秀樹(物理学者)・・・1500cc
◇夏目漱石(作家)・・・1425cc
◇アインシュタイン・・・1230cc
◇アナトール・フランス(作家)・・・1017cc

■『鼻毛は抜いてはいけない…死亡する例も』■

私が主張したいのは鼻毛は抜いてはいけないということだ はみ出しているなら切りなさい これがベストだ

鼻毛抜くとたまに白髪があるからググったら絶対抜いてはいけないと書いてあった。もう遅い。

鼻毛を抜いてはいけない理由 細菌に感染して「毛嚢炎」になる恐れ #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

鼻毛の手入れで注意することは何でしょうか。

白髪や眉毛などは「抜いてしまう」ことも多いでしょう。しかし、鼻毛を抜いてしまうのではキケンです。

ホコリなどのフィルターや鼻のなかを保湿するという役割を取り去ってしまうことになりますし、毛を抜いて引っ張ることで毛穴に傷がつき、粘膜が傷ついて炎症を起こす可能性もあります。

ある調査では、男性の44%、女性の16%が、「鼻毛の処理」に関して「抜く処理をする」と答えていますので、とくに男性は注意をしてください。

また、鼻毛処理用のワックスで抜毛したら風邪をひきやすくなったという声もあったそうです。

鼻毛を抜くと、場合によっては死に至る危険があります。鼻周辺は脳へと続く細い血管がたくさんある場所。ここに細菌が侵入して化膿すると、脳に影響が及ぼす場合があるのです。そもそも鼻毛を抜くと呼吸器のフィルター機能が低下します。鼻毛を抜くのは危険なのです。

■『自分の身長って本当は?子供はどれくらい伸びる?』■

自分の身長がどのくらいまで伸びるのか予測できる計算式を紹介します。 男子=(父親の身長+母の身長+13)÷2+2 女子=(父親の身長+母親の身長-13)÷2+2 これはあくまで目安ですが、一度やってみるとおもしろいと思います。 これ、みんなやってみて

子供の身長の計算式、おもしろいなーって思いつつ自分をやってみたら数値より10cm大きいし弟も10cm越え。兄と下の弟は数値通りで残念って感じに。かわいそうに(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

昨日の夕刊におもしろいのが載ってました 子供最終的な身長を予想する計算式=父親と母親の身長を足して 男の子ならば13を加え 女の子ならば13を引いて それを2で割る この数字のプラスマイナス8~9センチの範囲にほとんど入るそうな 

■『大人になっても大きさが変わらない体の部分がある』■

「眼球の瞳」が生まれた時からほとんど変わらないそうです。

目は変わらないらしいですよ。確かに自分の顔を観ていてもそう思います。だから昔の写真で真っ先に目につくのはやはり目です。目の印象はかなり強いのだと思います。

人は成長とともに骨格も筋肉もすべて大きくサイズアップしていく。手も足も顔も、生まれたての赤ちゃんはすべてが小さいのに、なぜ目だけは生まれたときから同じ大きさで、しかも成長していかないのだろうか? 目とそのほかの器官の「差」は何なのだろうか?

■『胃にまつわるお話』■

1 2 3