1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日大アメフト部の「危険すぎるプレー」に日本中が揺れている

日大アメフト部の危険すぎるプレーに日本中が揺れています。

更新日: 2018年05月14日

11 お気に入り 128485 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■アメリカンフットボール

アメリカンフットボール(英語: American football)は、フットボールの一種であり、楕円形のボールを用いて2つのチームで得点を競い合うスポーツ(球技)

前方へのパスやボールを持たない者への妨害が許され,防具を着用して体をぶつけ合う。攻撃と防御が分かれ,原則として攻撃側がボールを専有する

ライン同士やラインバッカーなどによる激しい体のぶつかり合いが多発する。ただし、基本、アメフトはオフェンス側が有利なため、オフェンス側は相手選手を掴んで引っ張ったり、足をかけて転ばせる行為は反則

Xリーグは東日本主体の「イースト」・「セントラル」と、西日本主体の「ウェスト」の3つのディビジョンからなり、それぞれ6チームの編成でリーグ戦を秋季に行う

選手はすべてアマチュアで、 “一流の社会人、一流のフットボーラー” を目指しています。チームの運営形態は、実業団チームとクラブチームの2種類が混在しています。

■そんなアメフトだが「日大VS関西学院大学」の定期戦で事件が起きた

日本大学と関西学院大学の定期戦で、日大の選手による重大な反則行為が

関学大の先発出場したクォーターバック(QB)選手が相手守備選手から悪質なタックルを受け、負傷した

パスを投げ、仲間のプレーを見守る青色のユニフォームを着た関西学院大の選手。その2秒後、突然、突進してきた日大の選手から、膝の辺りにタックルを受け倒れこみます

攻防と関係ないところで、突然後方からタックスを受けました。

パスを投げ終え無防備になった相手クォーターバック(QB)に背後から走り込んで強烈なタックルを加える

ビデオ映像を確認し「力を抜いている状態の選手に突き当たり、極めて危険で悪質」としている。QBは膝や腰を痛め全治3週間と診断された。

反則行為をした日大の関係者は、14日、JNNの取材に対し、「今回のプレーは、監督からの指示でやってしまったものだ」と証言

日大の同じDEの選手は自分の目の前でハンドオフが行なわれたにも関わらず、ボールをもらったRBには目もくれずに、ボールをもたないQBを目掛けてタックルしている。

直後にまたしても危険なプレーをしています。

2つ後のプレーで、日大のDEの選手は関学のオフェンシブライン(OL)の選手の身体をプレー終了後に何度か押す。審判は「相手のヘルメットを殴った」として資格没収を命じた。

この3回目のペナルティーでやっと退場になりました。

■この日大の選手に対してネット上には沢山のコメントが

日大アメフトの悪質タックル今更ながら見たけどえげつないな(´・ω・`) 関係ないけどトヨタカップの前身インターコンチネンタルカップで悪質ラフプレーしまくって試合後逮捕された事案思い出した

日大の悪質タックルだけど、仮に僕がそんな指示を受けたら僕は監督にタックルします。

日大監督は雲隠れ…当面指揮を自粛 悪質タックル問題「何も答えられない」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-… これで日本大学のアメフト部は終わりやな。それにしても情けない監督を持った日大アメフト部、はじさらしやね。

中止どころか、当該選手(宮○泰○)と監督は退学と解雇すべきだし、日大のアメフト部も廃部にすべき。こんなの、傷害事件で逮捕されてもおかしくないくらい悪質だろ。 悪質タックル余波 3試合中止 | 2018/5/14(月) - Yah… twitter.com/i/web/status/9…

1 2