防衛庁に二十日夜入った情報によると、東京都内で発生した有毒ガスのうち、営団地下鉄日比谷線の小伝馬町駅のガス残留物はサリンではなく、化学兵器のびらん性ガスとして用いられるマスタード系の有毒ガスの可能性があるという。

出典産経新聞1995年3月21日

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

報道されない地下鉄サリン事件の真相

日本の犯罪史上、最多の被害者を出した地下鉄サリン事件。既に裁判も終わり、死刑執行も間近いと言われていますが、明らかになっていないことが多々あります。捜査に関わった当時の警察官や自衛官からは、裁判では全く触れられなかった、背後関係を疑わせる発言も出ています。そのことについて、まとめてみました。

このまとめを見る