1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

事務所独立して2年…女優「水川あさみ」が完全復活していた

『のだめカンタービレ』で人気を確立し、引っ張りだこだった女優「水川あさみ」。2016年に事務所独立してからは露出が激減していたが、昨年連ドラ復帰してからは復調。6月スタートの主演ドラマ『ダブル・ファンタジー』は大きな話題に。7月期の連ドラ『透明なゆりかご』の出演も決まった。

更新日: 2018年09月20日

10 お気に入り 60087 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『のだめカンタービレ』で人気を確立した「水川あさみ」

『のだめカンタービレ』(2006)

三木清良 役

1983年7月24日大阪府生まれの女優。1996年、旭化成「ヘーベルハウス」のCMでデビュー。15歳の時に映画『劇場版 金田一少年の事件簿 上海魚人伝説』のオーディションに合格し、女優デビュー。

06年、フジテレビの“月9”ドラマ『のだめカンタービレ』に出演し、さらなる人気を獲得。

水川あさみは優秀な美人ヴァイオリニスト三木清良役を演じ、コメディも難なくこなす演技派女優としての地位を確立。

◆その後も主役から脇役まで様々なジャンルの作品で活躍

2008年、『夢をかなえるゾウ』で連続ドラマに初主演。2011年、大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』では主人公の次姉・初役を演じた。

2014年、ドラマ『失恋ショコラティエ』に出演。2015年、ドラマ『ゴーストライター』で中谷美紀とダブル主演を果たす。

「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」(11)といったコメディ作品から、「カメレオン」(08)のような硬派な作品や「今度は愛妻家」(09)など幅広いジャンルで主役・脇役問わず活躍。

◆そんな彼女だったが、2016年に事務所独立後は露出が激減

かつては連ドラ常連の人気女優だったものの、所属事務所からの独立以降、テレビ、映画などでの露出が激減。

2016年

近年はドラマだけでも年に2~3本ペースでこなす売れっ子女優だったが、デビュー以来、17年間在籍していた事務所を辞めたのを機に仕事が激減。

水川をめぐっては、一部メディアが、15歳のデビュー以来所属してきた事務所の女性社長と、結婚や仕事に関する方向性の違いから決別し、独立するとの情報が出ていると伝えていた。

◆1年ほどドラマから遠のいていたが、2017年に連ドラ復帰

左からブルゾンちえみ、水川あさみ、桐谷美玲

水川あさみが1年ぶりにドラマに“復帰”。4月スタートのフジテレビ系の連ドラ「人は見た目が100パーセント」(木曜夜10時)に出演。

2017年

水川サイドが元事務所にわびを入れることで和解に至ったようです。水川は今年2月から大手プロの預かりとなり、一転して絶賛売り出し中の案件になりました。

水川が見せた“顔芸”に視聴者は大ウケ。「クール系美人という印象が強い水川ですが、今回のドラマではコミカルなキャラを演じてます。」(テレビ誌ライター)

◆その後は次々とドラマに出演

『BS笑点ドラマスペシャル 桂歌丸』

尾上松也と水川あさみ

「人は見た目が100パーセント」「僕たちがやりました」「民衆の敵」と3クールにわたりドラマ出演した水川さん。

2017年

歌舞伎俳優の尾上松也(32)が主演を務め10月9日に放送される『BS笑点ドラマスペシャル 桂歌丸』。歌丸を演じる松也のほか、妻・椎名冨士子役に水川あさみ。

2017年

Hulu×HBO Asia共同製作ドラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」の豪華ゲストキャストが発表された。第1話「最初の事件」を鬼気迫る演技で彩るメインゲストは、コミカルな役からシリアスな役まで巧みに演じ分ける実力派女優・水川あさみ。

2018年4月

◆2018年には連ドラ『我が家の問題』で主演復帰

1話完結のオムニバスドラマ。夫の不可解な言動や、仕事ができない夫との将来、義父との同居、独身病の夫との新婚生活。それぞれの夫婦の悩みを抱える4人の若妻を、水川あさみが一人4役で演じ分ける。

“夫のトップバッター”小泉は、「水川さんは包容力があって、素晴らしい感性があって、それから集中力がずば抜けています!」と絶賛。

共演の小泉孝太郎

1 2