1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

白神山地

人為の影響をほとんど受けていない原生的なブナ天然林が東アジア最大級の規模で分布しています。

白神山地/青森県、秋田県 自然遺産 「神々の住む森」といわれます。 遥か彼方まで広がる広大な森の姿に、人知を超えた偉大な力を感じ、神々の姿を想起したのかもしれません。 体力は必要ですが一度は行ってみたいですね。 twitpic.com/ecrlap

奥入瀬渓流

再掲 奥入瀬渓流見に行ってきました! 空気が澄んでてとても気持ちがよかった(2度目) さっきの画像もし見た方は何も映ってなかったってことでお願いしますm(__)m pic.twitter.com/bKzrAUINM5

十和田八幡平国立公園の中にあり、十和田湖から流出する唯一の河川で、十和田湖の子ノロから焼山までの約14kmの流れが、奥入瀬渓流とされ、千変万化の渓流美を構成し、四季を通しての景勝地である。

渓流には遊歩道が整備されており、渓流沿いにはいくつもの滝が点在する。十和田湖観光には欠かせない散策ポイント。渓流沿いの遊歩道では4時間半くらいのトレッキングが楽しめる。

@RIE0922RIEE りえちゃんこんにちは 見てくださってありがとう 奥入瀬に来ています。 今日は渓流ハイクしてきました pic.twitter.com/ixUNSLEDBK

奥入瀬渓流【青森県】 十和田湖の子ノ口から焼山までの約14kmの流れで、豊かな樹木や大小14の滝と1つの池、千変万化の美しい流れや様々な奇岩・奇勝が見事な渓流美を作り出しており、四季折々の自然美を堪能できる。 pic.twitter.com/IRSecwfngZ

弘前城

【定期ポスト】【写真】青森県の弘前城(現存天守12城)と岩木山。(2010年2月27日撮影)。 pic.twitter.com/CR9MHTeR4z

津軽統一を成し遂げた津軽為信が1603(慶長8)年に建築を計画、その後2代目の信枚が1610(慶長15)年から1年で築いた居城。

津軽藩の政治の中心地として廃藩まで260年機能した。城門や天守閣は当時の規模のまま残され重要文化財にも指定されている。現在弘前城史料館として津軽藩の史料を展示。

お見苦しい(いつも通りの)ツイートが続きましたので、ここで弘前城をご覧頂きましょう。 pic.twitter.com/iJgTS9hwv4

三内丸山遺跡

【三内丸山遺跡】 "青森県"にある縄文中期の遺跡。1992年、野球場を作ろうとしたところ大集落の遺跡であると判明した。 pic.twitter.com/SNSSdNxaiT

縄文時代前期~中期にかけての集落跡。公開されているだけで約5万平方メートルあり、建物跡や住居跡、盛土、直径2mの柱穴が6個並ぶ大型掘立柱建物跡を見ることができる。

1 2