皮膚の弱い部分にレーザーや光でダメージを与えると軽い火傷状態になることがあります。
また、肌が赤みを帯びて熱っぽくなっている場合は冷やしてあげるとよくなることがあります。

医療用レーザーは出力が強いとはいえ、ひどいやけどになることはないと思いますが、軽い火傷になる可能性があるということです。

ただ、こういった火傷になりやすい肌の弱い部位には脱毛効果は弱くなるものの、レーザの出力を下げて照射してくれるため、火傷にはなりにくいです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る