ブドウ球菌は常在菌といって誰にでも肌にいる菌です。普段は肌がバリアの役割をしてこういった菌が悪さをすることがないのですが、脱毛時に傷ついた肌でブドウ球菌が増えることで毛嚢炎になることがあります。

清潔にしていると感染率が下がるので、汗をかいたらシャワーをしたり下着や部屋着のを取り替えたり、シーツを変えることが大事です。何より免疫機能が落ちないようにちゃんとした睡眠と食事を取るのも大事です。

もし、毛嚢炎になった場合は触らないでください。
サロンによっては治療費をだしてくれることがあるので、まずサロンに相談してください。医療脱毛であれば医師が在籍しているのでまず電話で連絡すると診てくれます。診察費、薬代は無料のところが多いので自分で皮膚科に行かず、まず相談してみてください。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る