1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

深読みしすぎてもダメ。場の「空気を読む」ことの難しさ

会社などで場の空気を読んで「できる人」をアピールしたいものの、深読みしすぎると逆にKYになってしまうなど、場の空気を読むのは難しいものです。

更新日: 2018年05月16日

89 お気に入り 50781 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■場の空気を読む

「空気を読む」とは端的に言うと、その場の雰囲気から状況を推察すること。

特に、その場で自分が何をすべきか、すべきでないかや、相手のして欲しいこと、して欲しくないことを憶測して判断する

現在では、集団や個々人の心情・気分、あるいは集団の置かれている状況を指すことが多い

大阪府豊中市の国有地払い下げをめぐる森友学園問題で「忖度(そんたく)」(人の心を推し測る)という言葉が注目を浴びています

人の気持ちを察すること。特に明示されてはいないが、胸中を推し量って適切に取り計らうこと。

※忖度とは

「忖度」は対等の個人間に生まれるのではない。権力や権威に付き従おうとする心理の中で生まれる。

ここで言う「空気」とはその場の雰囲気や暗黙の了解のことである。

空気が読めない人、身の回りにいませんか?全く、一体どういう神経をしてるんだ!…と思うこともあるでしょう。

■しかし、空気を「読みすぎてもKY」になってしまうことがある

日本で「忖度」や「空気を読む」ことは歓迎されるにもかかわらず、「空気を読みすぎて失敗してしまう人」がいます。それは「忖度しすぎる人」

例えば、「上司から『なにがなんでも前年の売り上げを上回るようにしろ』と言われて売り上げの数字を改ざんしてしまう」とか、「上司と仲のよい取引先から不当な要求を受けたときに、上司の顔をつぶさないようにと勝手にその要求を受け入れてしまう」

これらは逆に空気を読みすぎてKYになってしまう行為です。

「空気」をみんなで必死に読み合い、だれも望んでないことやだれも必要としていないことが起こる。

「空気を読まなくては!」と頑張りすぎてしまう心が、ストレスを生んでいることもある

あまりにも繊細なため、余計なことまで気になりすぎて、かえって引っ込み思案になったり、それもまたきっと、生きにくいことでしょう

空気読みすぎたり身だしなみ気になりすぎて精神病んだから自由奔放寄りに生きようとしたら相手を傷つけてしまうことがあるのが現状。 でもそれみんなもしてるよねって客観的に凄く感じるけど自分のことになると自分を責めてしまう私は生き辛い世の中。

@hurt_nor 空気読みすぎ辛い… もう、涙が止まりません…!!(´;ω;`)ブワッ

チームリーダーって難しいなー、みんなの感情が割と分かってしまう方やから空気読みすぎてしまう

■空気を読みすぎて空回りしてしまう原因は「コミュニケーションに不慣れ」ということ

1 2