1. まとめトップ

運気をあげるマルタのおすすめ観光スポット10選まとめ

マルタには奇跡の教会がいくつもあり、世界中から人が訪れます。首都ヴァレッタは都市全体が世界遺産であり、行くだけで価値があります。

更新日: 2018年05月18日

2 お気に入り 5955 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

マルタ共和国はヨーロッパにある一つの国。実は日本よりずっと小さいですが、海に囲まれた素敵な国!行くべきスポットを定番から穴場スポットまで、10個まとめました。

rikazodesuさん

マルタはヨーロッパにある地中海のおへそ。
日本よりずっと小さい国ですが、海に囲まれ街並みも素敵!
3日もあれば主要な場所は観光できます。
まとまった休みが少ない日本人にとって、観光日数が限られた旅行にピッタリ!

1.【ヴァレッタ】Valleta

マルタの首都!街全体が世界遺産ってすごいですよね。

街全体が世界遺産。
歩いているだけで楽しい。

マルタ共和国の首都で町全体が世界遺産。
この町が建設されるのは1565年のオスマントルコ軍との戦い「グレートシージ(大包囲戦)の経験から、難攻不落の都市となるよう設計され、建設された。完成は1571年。ヴァレッタは当時のマルタ騎士団長であり、町の完成につくしたジャン・パリゾ・ド・ラ・ヴァレットからきている。大包囲戦以前から存在した聖エルモ砦を加え、街全体が要塞となっている。マルタ共和国の政治機能が集まっているが、洒落たカフェやレストランもあり歩いているだけでも楽しい。

街の建物のベースの色は統一されている。
ドアの色が青かったり緑だったり赤かったりカラフル。

2.【イムディーナ】Mdina

貴族はじめ多くの人々がこの町に住んでいた。その後、首都の移動に伴い人が少なくなったこの町は‘静寂の町’と呼ばれるようになった。中世の趣を色濃く残す古都イムディーナは、一歩路地には入ればひっそり静まりかえり、その名の通り、‘静寂’が広がっている。カフェ、教会、貴族の館、眺望が楽しめる広場などを散策しながら中世の雰囲気に是非とも浸ってほしい。

3.【ブルーラグーン】Blue Lagoon

コミノ島にある、透明度が高い水色の海。
マルタ島やゴゾ島から、フェリーで行けます!

マルタはヨーロッパでも有名なバカンス地。ここには世界最高レベルの透明度を誇る海があります。その名も『ブルーラグーン』。その輝く青さ・透明感は、船が宙に浮いて見えるほど!

とってもきれいな海で海底が見えるくらい透明です。
砂浜が小さくほとんどが岩場です。

ブルーが他の海より薄く見えます。

本当に船が海に浮いてるように見える・・・

ヴァレッタが首都になる前のマルタの首都。

4.【タルミシタ洞窟】Tal-Mixta Cave

観光客があまりいない穴場スポット。
見られる絶景は素晴らしいので行った方が良いです!

カリプソの洞窟を楽しみにしていた私達の元に、悲しいお知らせが。
なんと、カリプソの洞窟、入り口が閉鎖されて入れないとのこと。

ガーンと切なくなっていたら、観光客があまりいかない洞窟があるから行ってみる?と言われ、まずそこへ向かいました。
そこには信じられない絶景が。
何時間でもその場にいられるほどきれいな景色でした。

ガタガタした道を抜けたあとは、
ひょっこりと洞窟の入り口を見つけることができます。

タルミシタ洞窟の入り口!

マルタの人はこれをいつでも見られるのか・・・

5.【ガースリ】Wied il-Għasri

ゴゾ島にある知る人ぞ知る海水浴スポット

1 2 3