1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

家庭から「手作り」のコロッケやカレーが消えつつあるらしい

昔はコロッケやカレーといえば家庭料理の代表だったものですが、現在は家庭から消えつつあるみたいです。

更新日: 2018年05月16日

16 お気に入り 35028 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のある情報を元に作成しています。

■家庭の味といえば

幼少期にこんなことはありませんでしたか? 帰宅したら良い匂いがして……ランドセルを投げ出して台所へ向かうと、まな板を叩く包丁の音が聞こえる

「おふくろの味」といえば、肉じゃがやカレーを思い出す人が多いかもしれません

家族からリクエストが多いおかずといえば、豚肉のしょうが焼きやハンバーグ、肉じゃがにコロッケ、ギョーザなど、いわゆる「定番おかず」と言われるもの

#好きな天ぷらを答える見た人もやる 天ぷらか~美味しいですよね大好き♡ 大葉の天ぷらと卵の天ぷらとかが好きだけど 一番好きなのは母が作ってくれる天ぷらです お店のようなものじゃないけど ちょっと衣が厚くて油のキレも適当だけど でもそんな母の家庭の味が一番好きです

@Anna_Asano_Box 美味しいシチューにはなかなかありつけない。家庭の味が一番だね☺️

@nonko_hidaka531 手作りのコロッケって事ですね。 昔、私の母もよく作ってくれました。 コロッケは市販のものも美味しい味ですけどやっぱり手作りのものが一番美味しい味ですよね☺️ イカの話しですが、あたりまえのように知… twitter.com/i/web/status/9…

■そんな家庭の味ですが、なんと手作り「コロッケ」が絶滅の危機らしい

10年前と比較して揚げ物メニューの手作り頻度が減少傾向に。特にコロッケは、手作り頻度が半減

手作りの揚げ物の年間平均食卓出現率を算出したところ、いずれも減少。20代同様に手作りコロッケについては、40代・60代への調査においても、手作り頻度が半減

コロッケは、10年前の15.5回と比較して、現在は8.4回と調理頻度がほぼ半減。手料理として「コロッケが絶滅の危機に瀕している」

理由を聞くと、「調理後の掃除や後片付けが大変になる」、「キッチンの油ハネ汚れが落ちにくい」、「レンジフードがすぐに汚くなってしまう」など

7割が「調理後の掃除が大変でなければ、もっと揚げ物を手作りしたい」と答えている。

油がはねるのが怖い、片付けが大変、揚げ物のあとの家のにおいが苦手だから・・

だって、コロッケ作るのめんどくさいぢゃん!Σ(゜-゜; この際トヨタでなくてパナソでもいいからもやしの根取りマシンを早く作ってよ! え?食卓から手作りコロッケが絶滅の危機!?パナソニックが調査結果を発表 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

汚れるし手間がかかるし。スーパーの総菜で良いやってなるのはわかる。 え?食卓から手作りコロッケが絶滅の危機!?パナソニックが調査結果を発表 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

これは僕が数少ない伝承者として世界で一番上手いコロッケを保存していかなければいけないようだな…。 え?食卓から手作りコロッケが絶滅の危機!?パナソニックが調査結果を発表 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

■更に、手作りカレーも減少している

レトルトカレーの購入額がカレールーの購入額を2017年に初めて上回った

特に2011年の東日本大震災をきっかけに非常食としての購入が多くなり、近年のレトルトカレーの進化を知った消費者が少なくない

最近のレトルトカレーが美味しくなったというのも理由としてあるようです。

■おせち料理も手作りは少なくなった

日本の正月の伝統料理であるおせち。近年ではおせちを手作りするのではなく、店舗での販売や通販・宅配サービスの利用者も増えてきています

1 2