1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

旅した気分にさせてくれる!旅エッセイまとめ

そして旅に出たくなる(いちばん危険なトイレといちばんの星空、そして、ぼくは旅に出た。、ラオスにいったい何があるというんですか?、離婚して、インド、ブラを捨て旅に出よう、旅で眠りたい、わたしの旅に何をする、人生で一度はやってみたいアメリカ横断の旅、インド旅行記1)

更新日: 2018年07月17日

60 お気に入り 14114 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

●『いちばん危険なトイレといちばんの星空』 石田ゆうすけ

世界一を探して旅に出た「ぼく」が見つけた世界一の数々。危険な場所、危険なホテル、危険なトイレ、大峡谷、巨大滝、遺跡、星空、メシがうまい国、メシがまずい国、うまいビール…

「いちばん危険なトイレといちばんの星空」石田ゆうすけ著 チャリで世界一周した著者がこれはこの国が一番だ! と選んだ87カ国ベストオブベスト! 「飯がうまい国・まずい国」「ベストオブやばい場所」「このトイレがすごい!」「べっぴんさんいらっしゃい」さぁ!冒険の扉を今こそ開けよう!

『いちばん危険なトイレといちばんの星空』石田ゆうすけ/幻冬舎文庫。同じ景色でもシチュエーションが異なれば順位は変わる。もっともだ。旅する上でトイレは大事です。#読書

『いちばん危険なトイレといちばんの星空』を読み終えた。筆者の日本語の巧みな表現力に加えて、観察力=好奇心=ワクワク感が、世界へ旅立つ前から備わっていた(準備できていた)からこそ、本を通して第三者にも伝えることができた。これを読んでいると、行動だけじゃダメな理由が浮き彫りとなる。

●『そして、ぼくは旅に出た。』 大竹英洋

東京で育った一人の若者が、なぜ大きな自然に憧れ、写真家を目指すようになったのか。そしてなぜ、他でもなく、北米に広がる森と湖の世界へと旅立ったのか。

『そして、ぼくは旅に出た。はじまりの森 ノースウッズ』(大竹英洋、あすなろ書房)を読みました。すばらしい! 青年期の著者の成長物語でもあり、カヌーを漕ぐ冒険譚でもある。冒険は小規模なものかもしれないが、むしろその方が現実感、臨場感がある。この本と出会ったのは表参道のクレヨンハウス。

去年から北に惹かれている。先月本屋で見つけて即買い。大竹英洋さんの著書「そして、ぼくは旅に出た。」(あすなろ書房)。甥っ子が中学生になったらプレゼントしたい。 pic.twitter.com/JylbHLJJYY

大竹英洋『そして、ぼくは旅に出た』読了。とっても素敵な本です。どこか遠くに旅に出たくなる、インドア派オタクの私ですら自然の中に行きたくなるですよ。写真も美しい!手始めにSolidsoundのハイキングに申し込みました。前回は雨で断念したのよね。私のへっぽこ英語でついていけるかな?

●『ラオスにいったい何があるというんですか?』 村上春樹

ギリシャの島再訪、フィンランド、トスカナ、熊本など…。旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない。

村上春樹さんの紀行文集「ラオスにいったい何があるというんですか?」読了。こんなふうな軽やかな紀行文は旅情を誘いますね。フィンランドとかニューヨークのjazzクラブ、ビレッジバンガードとか、行ったことのある場所も出てきて楽しかったです(^^)

村上春樹「ラオスにいったい何があるというんですか?」読了。これで俺の中では夏旅行先を熊本にすべしという気になってきた。

村上春樹著「ラオスにいったい何があるというんですか?」を読了。春樹氏は紀行文も面白い、面白い。 この本の中では、とくにアイスランド、フィンランド、そして表題のラオスの話がすごく面白かった!熊本の話もあるよ。 今すぐ旅行に行きたくなる本ですね。 pic.twitter.com/4osrrsSDhK

●『離婚して、インド』 とまこ

七年一緒に暮らした旦那から切り出された突然の別れ。青天の霹靂、心の中ぐっちゃんぐっちゃんのまま、バックパックを担いで旅に出た。向かった先は混沌の国インド。

とまこ『離婚してインド』を読了。夫に三下り半を突きつけられて傷心を癒しにインドへという発想からして面白い。エロエロ男だらけのインドを女性が一人で旅するのは大変そうだ。香港からムンバイへキングフィッシャー航空で入ってヴァルカラ、ゴカルナ、リシュケシュあたりを巡ってみたくなった。 pic.twitter.com/IujSETagVG

この本読むとインド行きたくなってくるなあ: "離婚して、インド (幻冬舎文庫)"(とまこ 著)a.co/iP2NJGE pic.twitter.com/qcscNQqDnN

《離婚してインド/とまこ》 読み終わった! 「そろそろ、離婚しよっか」から始まる一人の女性のインド旅行記、ってか冒険記。 愛されたいのに愛そうとしない 夢を追いかけることと 愛を成就させることは違う? ララランドもそうだったなあ 夢を叶えることと幸せは違う? 愛ってなんだろ? pic.twitter.com/qr9Z6YBADb

●『ブラを捨て旅に出よう 貧乏乙女の“世界一周”旅行記 』 歩りえこ

うら若き乙女が2年間をかけほぼ世界一周、5大陸90ヵ国を旅した。かけた費用はたったの150万円という、想像を絶するチョー貧乏旅行。

歩りえこ『ブラを捨て旅に出よう』(講談社、2012年) 「乙女の”世界一周”超ハプニング旅行」と謳う帯を裏切らないハチャメチャさ。めっちゃおもしろい。話のうまい人の海外旅行話を聞いてる感じ。エピソードがどれも尖ってる。

「ブラを捨て旅に出よう/歩りえこ」読了。 若い女性が2年をかけて世界を旅した記録。 内容は貧乏旅行で、危険なことも多々書かれている。もちろん、そんな危険は承知の上でのこと。それだけに逞しい! 女性が頑張っている話は元気が出る。 #dokusho

講談社文庫 歩りえこ著 「ブラを捨て旅に出よう」 読みました 世界一周女一人旅の旅行記です 旅って良いなぁ 何度も泣きそうになってしまった ヨーロッパ周遊の日々を思い起こしながら読みました オススメ! #ryokou #dokusyo

1 2