1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

めっちゃ夢がある!将来タクシーの料金が「無料」になるかも

ある若手実業家がタクシーを無料で運営する仕組みを考え、それを実行しようとしているというニュースが入ってきています。もしかしたら将来タクシー料金が無料になるかも…。

更新日: 2018年05月18日

32 お気に入り 46621 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■タクシー

タクシー(taxi)とは、運転手と車両とを貸し切る形で少人数の旅客を輸送する公共交通機関、およびその用に供する車両

駅前などの一定場所で客待ちする,不特定の旅客を相手とするものをタクシー,あらかじめ契約をした特定の顧客を相手に,車庫待ち営業をするものをハイヤー

法人タクシーの乗務員になる条件は、2種免許を取得していることのみにも関わらず、個人タクシーの開業には豊富な運転経験や地理的な能力が必要

■当たり前だが「料金」を支払わなければならない

タクシーの料金を徴収する上で、主に2種類のシステムがある。一つは走行距離や走行時間から運賃を自動的に計算するメーター制、もう一つは事前に運転手との交渉によって料金を決める交渉制

タクシーの料金支払い方法は現金に限らず、クーポン、チケット、カードなどが使用できるようになっている

到着後代金を支払う。有料道路を通行した場合は通行料も合算請求となる。

この時間にタクシーって めっちゃ高いよな 一回深夜料金で乗ったことあるけど

タクシー代初乗りも高いくせに呼び出し料金までとられるとかやってられん笑 まじでバス30分に一本しかこん感じやめてほしい笑 おかげさまで交通費だけで大出費。

@kyms_36 好きな曲のモチーフになったものって、影響をうけますよね。 僕も酔った後にタクシーに乗ってみたくなりました>< ネックは飲み会代以上に料金がかかることですが;

■そんなタクシー代だが、乗車代が「無料」のサービスが始まる

最年少社長として15歳で起業したことで知られる若手実業家が、2019年3月から、日本で初めての無料の配車・運行サービスを始める

15歳で起業したことで知られる吉田拓巳氏が、今度は車内のディスプレーに店や商品などの情報が流すことにより、広告収入だけで運営する「無料タクシー」ベンチャーを立ち上げた

スマートフォンアプリでタクシーの配車を依頼し、目的地まで無料で乗れるサービス

福岡市のベンチャー企業(株)nommoc(本社:福岡市博多区、吉田拓巳代表)が、(株)日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」で、日本で初となる無料の配車・運行サービスの計画を発表

タクシー料金は広告主が負担し、ユーザーは無料でタクシーに乗車できるという移動型広告メディアnommocのサービスを可能にする

無料の配車サービスは、社名と同じサービス名で、コンパクトシティーである福岡市の天神を中心に10台ほどでスタートし、東京五輪が開催される2020年をめどに、東京など主要都市での展開を目指す

更に海外進出も視野に入れているようです。

AI(人工知能)技術を活用する計画も。利用客の行動パターンを分析し、先回りしてスタンバイすることや、利用客の好みを学習し、より高精度でおすすめの行き先、求めている情報を届ける仕組みを目指す

乗車中、車内の広告ディスプレーには、利用者が関心を持っているファッションブランドやランチのおすすめなどが常時配信される。

■このサービスに関するみんなの声

日本初運賃無料のタクシー!! 福岡で10台~開始ー。 すげー。やべー。 nommocて会社だってさ。

1 2