1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

◆税金

国または地方公共団体に租税として納付する金銭。

日本国民には納税の義務がある(日本国憲法第30条)。日本の国税庁はWebサイト内の「税の学習コーナー」において「会費のようなもの」と説明している。

▼確定申告って聞いたことはあるけど何かわからない人も多いのでは?

社会人であれば必ず聞いたことがある「確定申告」ですが、サラリーマンは普段確定申告を意識する必要がないため、よくわからない方も多いでしょう。

ああムカつくなあ!!!何が何だかわかんないよ…確定申告やらないといけなかった??なんでこんなに引かれてるのかわからない。、情けない

働き慣れてないから、所得税とか扶養控除とか確定申告とかあの辺のことが未だによくわからない

◆確定申告とは

税金には所得税・消費税・固定資産税等さまざまな種類がありますが、私たちにはこれらを納付する義務があります。

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間の所得を合算し、それに対する税額を計算した後、翌年の2月16日から3月15日の間に申告・納税することをいいます。

▼会社員の人などは『年末調整』というシステムがあります

まずは一番わかりやすい、確定申告をする必要がない人です。会社に所属して給与を得ている従業員は、ほとんどの方が確定申告を自分でする必要はありません。

・会社に所属している従業員で会社が年末調整を行ってくれている人
・所得が少額(基礎控除のみで38万円以下)の人
・公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下で、その他の所得金額が20万円以下の人

▼ただし、以下に当てはまる人は自分で行います

サラリーマンは基本的に確定申告が不要ですが、以下のいずれかに当てはまる人は確定申告をしなければなりません。

・給与収入が2000万円を超える人
・給与を1カ所から受け取っていて、給与所得や退職所得以外の各種所得金額の合計額が20万円を超える人
・2カ所以上から給与を受け取っていて、年末調整を受けていない給与とその他の所得の金額が20万円を超える人
など

★また、年末調整でも控除できないものもあります

これは所得間の損益通算や所得控除、税額控除などから所得税の再計算をして納めすぎた税金を還付してもらうための申告のことを指します。代表的なものに医療費控除、住宅ローン控除が挙げられます。また、還付申告する場合の申告期間は、翌年の1月1日から5年間です。

▼自営業の人はすべて自分で行わなければなりません

一方で、自営業の方は自身で確定申告を行わなくてはなりません。なぜなら、会社員の場合源泉徴収と年末調整で所得税が確定するのに対し、自営業の場合は源泉徴収が行われないからです。

1 2