1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

シャーマンキングだけじゃない…人気漫画家の新作が早くも大反響!!

待ちに待った「シャーマンキング」の新章がスタート!実は他にも名作を生み出した漫画家さんたちが動き出している…「ハヤテのごとく!」,「史上最強の弟子ケンイチ」,そして「坂本ですが?」作者まで…早くもネットをざわついている作品についてまとめてみました!!

更新日: 2018年05月19日

28 お気に入り 61564 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

シャーマンキング…待ちわびましたよ!!

critical_phyさん

もう読んだ?あの「シャーマンキング」が新作として蘇った…!!

テレビアニメ化もされた武井宏之さんの人気マンガ「シャーマンキング」の新章「SHAMAN KING THE SUPER STAR」が、17日発売のマンガ誌「少年マガジンエッジ」(講談社)6月号で連載が始まった。

新章では、死者の霊を自分の身体に憑依させることができる少女・3代目イタコのアンナことアルミ・ニウムバーチの活躍が描かれる。

表紙&巻頭カラー&2話一挙掲載でついに登場!! 『シャーマンキング』の輝ける新たな世界を目撃せよ!

マンキン新章気になる… 4年前は葉が好きすぎて生きるのがつらかった…‍♀️

こんな生活してみたい…「ハヤテのごとく!」作者新作に注目が集まっているぞ…!

ひょんなことから執事になった薄幸の少年を主人公にしたブラック・コメディ寄りのギャグ漫画。主人公の職業から「執事コメディー」「執事ギャグ漫画」などと称されることが多い。

綾崎ハヤテは、両親が多額の借金を押付けて逃げたためヤクザに追われ、路頭に迷う。 しかし超がつくほどの大金持ちである三千院家の跡取り娘・三千院ナギと運命的(?)な出会いを果たし、彼女に借金を肩代わりしてもらう代わりに40年契約で執事を務めることとなる。

メインヒロインのナギ以外にも魅力的な女の子が多数登場することから、いわゆる「萌え系マンガ」の金字塔としても知られています。

『ハヤテのごとく!』の畑健二郎による最新マンガ『トニカクカワイイ』の単行本第1巻が5月18日に発売。

星空と書いて「ナサ」と読む…勉強はできるけどちょっとアレな主人公・由崎ナサはある日、謎の美少女・司に運命の一目惚れをする。 決死のナサの告白に、彼女の返事は__ 「結婚してくれたら、付き合ってあげる」!?

新婚ってこんなものなのかなぁ…という気にさせてくれる素晴らしい展開です。ただ、最終的にシリアスに収束してくれても良いかも知れない。ハヤテのごとくの様に。何はともあれ、トニカクカワイイ!

トニカクカワイイを買ってきて読んだ(⊃^ω^)⊃ すぐに1巻読み終えてしまった!早く10巻くらい読みたい!(⊃^ω^)⊃

「史上最強の弟子ケンイチ」作者が挑む意外なテーマとは…新作が熱い展開に!

いじめられっ子の白浜兼一は、格闘美少女風林寺美羽の悪に迷わず立ち向かう姿に憧れ、梁山泊に入門することを決意する。そして数々の修練によって肉体的に精神的に成長をしていく。

修行のシーンが多く、ストーリーは、成長譚というベースで成り立っている。主人公の兼一は度々梁山泊を脱走したり、練習をサボったりする。また、師匠達も弟子の兼一に対して武術の才能は全く無いと言い切り、興味本位で兼一に武術を教えているような描写も。

格闘漫画においては、早々に登場するのが師匠越えという大イベントです。しかしこの漫画の場合は、師匠の存在感が非常に大きく、絶対に超える事の出来ない強者として描かれているところがポイント。

「史上最強の弟子ケンイチ」「トキワ来たれり!!」の松江名俊による新作「君は008(ダブルオーエイト)」1巻が、本日5月18日に刊行された。

受験した高校が全て不合格になり、絶望する主人公・明石エイト。そんな彼のところに受けた覚えのない高校から合格通知が・・・!まだ見ぬ友人たちとの出会い、そして恋愛・・・華の高校生活を期待するエイトだったが、彼が入学した高校はなんと諜報員養成学校。

正義の心と正義の力との差・・・人はそれを勇気と呼ぶ!学園から仕掛けられる様々な試練を主役が持ち前の機転でクリアーするさまは爽快です。一見怖暗そうなヒロインの微笑ましいデレっぷりも最高です。

君は008 期待以上の面白さだった これからまた楽しみが増える…

新たな作風が垣間見えるぞ…「坂本ですが?」作者の新作が気になる!

2012年4月から連載を開始し、2013年1月15日に単行本第1巻が発売された。単行本の一部がTwitterに公開されると、その「スタイリッシュ」な姿に対して一躍人気に火が付き、話題になった。

クール、クーラー、クーレスト高校生の登場!この物語は、とあるクール、いや、クーレストな高校生・坂本の学園生活を綴ったものである――。 入学早々、クラスの、いや学校中の注目を集める一人の生徒がいた。その名は坂本(さかもと)。

1 2