1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あおり運転で免停処分去年の9倍!警察が「封圧」に乗り出す

警察があおり運転の封圧に乗り出しています。なんと免停処分者の数が去年の9倍にもなっています。

更新日: 2018年05月19日

20 お気に入り 45529 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■今でも脳裏に残っている「東名高速の夫婦死亡事故」

今年6月、神奈川県の東名高速で起きた夫婦死亡事故。石橋被告が行った危険な運転の実態が、大きな衝撃を与えました

妨害行為をしたうえに、追い越し車線に被害者の車を無理やり停車させ、追突事故を起こさせた

事故の2カ月後にも割り込み運転や減速を繰り返して車を停止させ、運転していた男性を車から降ろそうとした

■この事件で注目を浴びたのが「あおり運転」

あおり運転(あおりうんてん)とは、後方から極端に車間距離をつめて威圧したり理由のないパッシングや急停止をしたり、故意に特定の車両の運転を妨害するような振る舞いをする迷惑行為

2016年の「あおり運転」など車間距離違反摘発件数は7625件。警察庁は「不安を覚えさせる行為は危険であり、厳しく対応する」としている

車間距離保持義務違反、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反等の道路交通法違反のほか、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)や刑法の暴行罪に該当することがあります

■このあおり運転で免許停止処分を受けた件数は「去年の9倍」にも及ぶという

警察庁は2018年1月、全国の警察にあおり運転の取り締まりを強化し、悪質な行為については厳正に処分するよう指示

最近、警察庁は、悪質な煽り、幅寄せなどに対して一発180日の免停処分とするよう通知を出しました。

死亡事故から「あおり運転」対策の声が高まって、その規定を全国の警察に指示していたが、そんなことは知ったことかと逆に「あおり」をはやらせてしまってるのだ。どこまで民度のない社会なんだろう

後ろから煽ったり、横から煽る幅寄せも危険極まりないものですが、そのような行為をする者は人格において破綻しています

2017年のドライブレコーダーの販売台数は、10月は前年同月比2.6倍、11月は2.4倍と急激に伸びている

皆があおり運転に警戒していることが分かります。

■命に関わるあおり運転。悪質なものには「一発免停処分」とすることができる

あおり運転に関しては「累積点数が無くとも最長180日間の免許停止ができる」こととなりました。

著しく道路交通の危険を生じさせる恐れが認められる場合には、「危険性帯有者」として点数によらず免停処分にできるという道路交通法の規定があります

これ自体は英断です。今までの甘い自動車運転免許行政からすれば遅きに失したとはいえ、ようやく危険な運転をする者から免許を停止するとした

■この「免停9倍」「一発免停処分」に関するみんなの声

「あおり運転」で免停処分はいいアイデアだね。 2度目は免許取り上げでいいね。 「あおり運転」で免停処分、昨年の9倍ペース 取り締まり強化で悪質行為の「封圧」へ news.nicovideo.jp/watch/nw3528088

煽り運転はバシバシ取り締まってください。煽り誘発運転も。通行帯違反とか。 | 「あおり運転」で免停処分、昨年の9倍ペース 取り締まり強化で悪質行為の「封圧」へ(乗りものニュース) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-…

イヤガラセをすることで優越感に酔い痴れるバカは、激増中で減る気配は全くない。 「あおり運転」で免停処分、昨年の9倍ペース 取り締まり強化で悪質行為の「封圧」へ trafficnews.jp/post/80473

摘発されるようになっただけなのかもしれないが、何をそんなに他人に突っかかっていく必要があるのか。 「あおり運転」で免停処分、昨年の9倍ペース 取り締まり強化で悪質行為の「封圧」へ trafficnews.jp/post/80473

1 2