1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Hideo_riderさん

バイクと立ちごけは切っても切り離せない仲

バイクは不安定な乗り物です。長く乗っているライダーでもあっ...という瞬間はあります。ここではバイクを初めて倒してしまった方や、倒しそうで不安だという方へ向けた内容をまとめます。

バイクを倒してしまった時に点検しておきたい所

もうすでに立ちごけしてしまった方は要チェックです。思わぬところが破損しているかも。

まずは全体をざっとチェック

バイクの外装を一通りチェックしてみましょう。カウルやマフラーに傷がついている場合もありますが、すり傷程度なら走行に支障はありません。
しかしウィンカーやヘッドライトなどの灯火部品が故障していた場合は最悪整備不良になる場合があるため早めの修理が必要。

ハンドル

ステアリング(ハンドル)全体がタイヤの方向とズレが生じていないかの確認は必要です。
ズレた状態で運転すると真っすぐ走るのが困難になり、非常に危険です。

ミラー

ミラーは転倒時にズレたり割れたりしやすいので、しっかり確認します。
割れた場合は即交換が必要です。

アクセル・バーエンド

アクセルがきちんと可動するか、何かに引っかかるようなところはないかチェックします。
ハンドルの左右先端にバーエンド(ハンドルバーウエイト)がついている車種の場合は、それらが外れていないか、傷がついていないか、ズレてアクセルに干渉にしていないか等をチェックします。

ブレーキ・クラッチレバー

ハンドルについているレバーは曲がったり、折れたりしやすい部品です。
折れてしまった場合はもちろんですが、少しでも曲がってしまった場合は、交換した方がいいでしょう。
レバーは、アルミ製のものがほとんどですが、一度曲がったものを元通りに修正したりすると強度が落ちて折れやすくなるので危険です。

折れてしまったブレーキレバー

ブレーキ・クラッチペダル

転倒した際、ペダル類がダメージを受けることがよくあります。
曲がってしまうと、操作に支障をきたして危険です。違和感を感じたら、バイク屋さんに相談しましょう。

これで最低限の点検は終了です。

立ちごけしてしまったその場での対処法

いざバイクを倒してしまった時に大切なのはパニックにならずに冷静に対応することです。そのために、覚えておきたいポイントを押さえておきましょう。

まずは真っ先にエンジンを切る

バイクが倒れたままエンジンが点いている状態は危険です。キルスイッチですぐに切りましょう。

バイクを安全な所へ避難させる

後続車に追突されないためにも、道路の路肩等に避難しましょう。

怪我はしていないか

もし怪我をしていてもパニック状態だと気づかない場合があります。一度落ち着いて体の状態をチェックしましょう。

1 2