1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

辞任表明に「かんさい学院」誤読も‥日大監督に厳しい声が広がっている

アメリカンフットボールの関学大と日大との定期戦で、日大選手の危険なタックルが問題になってことで、日大・内田正人監督が辞任を表明しました。

更新日: 2018年05月20日

8 お気に入り 77134 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●日大の選手が関学の選手に悪質なタックルをした問題

6日に行われたアメリカンフットボールの関学大と日大との定期戦で、

関学大の先発出場したクォーターバック(QB)選手が相手守備選手から悪質なタックルを受け、負傷した問題が波紋を広げています。

●問題発覚の経緯

試合の冒頭から、日大のディフェンス選手が悪質なラフプレーを連発。わずか5プレーで退場処分となった

関学大によるとQBは膝軟骨損傷、腰の打撲で全治3週間。左足のしびれも発症しており今後、精密検査を受ける予定。

●スポーツ庁・鈴木長官は「衝撃的で非常に危険なタックル」と批判

危険なプレーを容認するわけにはいきませんし、皆さんと共に、危険なプレーを減らしていかないといけない」

担当課と(関東学生)連盟で連絡を取ってもらっている」と話し、事情説明を求める考えを示した。

●関学大は、10日付で厳重抗議文書を送付

関学大は12日に、兵庫県西宮市内で、鳥内秀晃監督(59)ら会見。10日付で厳重抗議文書を送付

チームとしての見解と謝罪を求めると同時に、監督に対しても試合後のコメント等に対する見解と謝罪を求めました

回答次第では来年度以降の定期戦を「拒絶」する考えも示している。

●そんな中、日大・内田正人監督が辞任を表明

【批判の声】日大・内田正人監督が辞任表明も…謝罪相手の校名を「かんさい学院」と誤読 news.livedoor.com/article/detail… 正しい読みは「かんせい」で、「かんさい」ではないため、間違いを指摘する声が多くあがった。 pic.twitter.com/qMN4dUlduz

日大選手が関学大選手に悪質な反則タックルを繰り出し負傷させた問題で、日大の内田正人監督が19日、監督辞任を表明

「一連の問題は全て私の責任、弁解もしない」と話した。

危険なタックルの指示はあったのかに集中したが、「関西学院大学からの質問状を真摯(しんし)に受け止めて調査し、文書で回答する」と明言を避けた。

・当該選手に対し「そのときは注意しておりません、私の責任だと思う」とコメント

1 2 3