1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

◆就職

正社員として職業に就く、会社へ入社するといった際に用いられることが一般的です。

▼就職の際に『福利厚生』って言葉よく聞きませんか?

よく耳にするけれど意外と活用しきれていない「福利厚生」。よく聞く言葉なので知っている人も多いのではないでしょうか。

福利厚生の見方、聞き方がわからない。vokersの口コミみて雰囲気で「ふーん悪くはないんだ。」ぐらいしかわからない。

志望動機とは。なんぞや。福利厚生とか難しいよわからんよ、、、

▼会社を選ぶときにこの『福利厚生』はとても大事な基準となります

就職先企業を選ぶ際には、さまざまな条件が判断基準となります。仕事の内容やその企業の理念などはもちろん、給与金額、年間休日数、勤務地、転勤の有無など、いろいろな軸で総合的に判断することが大切です。

そうした判断基準の中でも、学生の時には今一つなじみがないせいか、見落としがちになってしまうものに「福利厚生」が挙げられます。

▼福利厚生とは

福利厚生とは、企業から従業員へ支給される給料以外の報酬のことをいいます。

福利厚生は多くの企業で適用されていますが、各企業によって特徴的な福利厚生制度もあります。そのため、人によってはこの福利厚生の充実を志望理由に含めている人も多いそうです。

▼目的は何なのか

福利厚生は、従業員の経済的支援が目的であったり、モチベーションアップや組織力強化の為に用いられます。

社員が安心して働くことができれば業務の効率も上がって労使関係が安定するという、雇用する側とされる側にメリットをもたらします。

◆では、一般的な福利厚生の一部を紹介します

■法定福利

法定福利は一言で言えば、従業員の社会保険料の会社負担分です。法律により、一定以上の規模の企業に対しては、従業員の社会保険料の一部負担を義務付けています。

●労働保険

1 2 3